ギックリ腰にビワ温湿布

北海道釧路市 タオ整体院 高橋仁 代表

私自身のギックリ腰の改善例を紹介します。

秋も深まった時期でした。小型の石油ファンヒーターを移動させようと持ち上げた途端、腰に激痛が走りました。「あっ、やっちゃった」という感じでした。

午後1時頃でした。その日はお客さんとプロレス観戦に行く約束があり、何とかそれまでに痛みを和らげようと押したり動かしたり操体法を試してみたりしましたが、痛みは収まりませんでした。

夕方、予定通りお客さんの車で会場に着いたものの脂汗が流れ、椅子に座っているのも辛くて辛くて、とてもプロレス観戦どころではありませんでした。
腰痛で両脇を抱えられて来た人が治療を終えたときには杖無しでスタスタ歩いて帰った・・・という劇的な話を耳にしますが、それにはカラクリがあります。
確かに一定レベルの治療家にかかれば、それは不可能ではありません。ただし、歩いて帰れたとしても翌日から再び寝ていることになるのです。
そういう場合、大抵の治療家は「腎兪」のツボを押さえます。
腰痛でよく用いるツボですが、ギックリ腰のときはそこが固まることにより、最後の砦を担っている状態なのです。

にも拘らずグーッと押して緩めてしまう。砦は決壊し、一時的には動けてもやがて痛みがぶり返すことになるのです。
ギックリ腰では「腎兪」は攻めず、基本的には3日間は動けないことを覚悟した方が良いのです。必要があって引っ張られているものを無理やり伸ばしても逆効果という感覚です。

とはいえ、仕事はあるし早く痛みは取りたいわけで、私はビワエキスをキッチンペーパーにタップリ含ませて痛みの患部に張り、ラップを被せ、レンジで温めるホットパックをタオルに包んでのせました。

完全なうつ伏せが出来ないため、お腹にタオルを噛ませ、激痛が走る右腰を浮かせる形で行ないました。目を閉じて、40分くらいジーッとしていました。
痛みの中でビワエキスと温熱がじわじわと浸透し、気持ちが良いのです。

やむなく1日だけ仕事を休みました。翌日は泣き泣きこなし、4日目辺りから痛いながらもようやく通常の仕事ができ、完全に痛みが消えたのは1週間経ってからでした。
その間も自分なりの手当てや遠隔療法などを受けたりもしましたが、間違いなくビワが一番効いていると実感しました。

これがギックリ腰ではなく、疲労から来る通常の腰痛であればビワ温灸を行なえば楽勝です。

◎タオ整体院
北海道釧路市治水町5−9
TEL:0154−23−3888
(タオ整体院に関する体験談)
  • 帯状疱疹の痛みが軽減
  • 全身転移でも痛みが無い

  • 『ビワと健康』  2009年9月15日号)

    ※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

    「ビワの葉療法」の総合情報サイト
    『ビワと健康』 > 体験談 > ギックリ腰にビワ温湿布
    ※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

    ビワ商品の販売と購入