水虫治療にはビワエキス!

宮城県角田市 北岡整体院 庄司明 院長

水虫の人にとって夏はとりわけつらい季節だと思います。
うちにも水虫の悩みを抱える人は来られますが、ある男性(40歳)の劇的な改善をきっかけに、最近では「水虫? だったらビワエキスですよ」というのが定着し、結構評判になっています。

当初、この男性は腰痛で来られました。3年ほど前のことです。
うちでは全身に整体を行ったあとビワ温灸を施しますが、靴下を脱いだ際にベタッとくっついた感じで、特に指先は靴下をバリバリと剥がす状態でした。
指の間がジグジグし、出血が見られ、さらに臭っていました。

年中、革靴をはいて営業で歩き回るそうで水虫との付き合いは数十年。なんとか治らないものかといろいろ薬は試したそうです。しかし、どれも効果は得られず、結局、仕事柄仕方がないと諦めてしまったそうです。
いくら痒くても営業中は革靴をはいて掻くに掻けず、どんどん地面を踏みつけて気を紛らわしても痒みは収まらず、イライラと落ち着かない状況が長年続いていたのです。

私は温灸器に注入する200mlのビワエキスを手渡し、「毎日、患部に塗ってください」と勧めました。
同時に、体内からも改善が得られるようビワの種の粉末および錠剤も呑むように勧めました。

この方は、喘息気味でもありましたがビワの種を呑み始めてから咳が出なくなり、その点でもとても喜ばれました。
さすがに、患部に塗ったビワエキスは沁みて痛かったそうですが、本人によるといわゆるイタギモの感覚で、むしろ「これは絶対に治るぞ!」と実感できたそうです。
お風呂上がりにビワエキスを綿棒に含ませ患部に塗りますが、ポイントは周辺にも塗ることです。水虫菌は見た目以上に広範囲に広がっているからです。
また、夏場を過ぎて痒みが収まっても塗布を止めてはいけません。
これは感覚的なものですが、水虫菌は夏場の痒い時期は皮膚の奥深くに食い込んでいく感じですが、秋になると比較的表皮に近い部分に留まっているように思えるのです。
暑さも峠を越した10月以降、表皮近くにある菌にビワエキスで打撃を与え続けることで本当の改善に至るのです。

この男性は、半年間ビワエキスを塗り、種を呑みました。エキス、種の粉末、種の錠剤それぞれ容器二つずつ使い切ったあたりで完全に水虫の症状が消え、以降出なくなったのです。
いまも革靴をはいて営業に歩いておられますが、去年の夏も、そして今年(7月末現在)も、いくら足が蒸れても平気とのこと。体験談として紹介するにあたり念のために確認させてもらいましたが、確かにきれいな足でした。
このことが前例となってお巡りさんや農家の方、OLさんなど革靴や長靴を常時はくことで水虫に悩んでいる方々の間で反響が得られ、夏になるとビワエキスを求める方がぐっと増えている状態です。

咳にはビワの種が有効

また、この男性と同様に、ビワの種で咳が鎮まった例はほかにもあります。
風邪で夜になると咳が止まらず1週間病院に通いつつも苦しんできた高齢の女性が、ビワの錠剤を20粒呑んでその日のうちに収まってしまいました。
こうした咳が出る人には種の粉末を水で飲み込まず、極力口に含んで唾液と一緒に飲み込むようにしてもらいます。
咳き込んで苦しい場合は錠剤タイプをなめてもらいますが、これが非常に有効です。

ちなみに便秘の方にはビワの葉茶です。女性の8割方は便秘ですが、始めて来られた方にはビワの葉茶のパックを3つずつあげて試してもらっています。
快食、快眠、快便はやはり健康の大原則ですから、うちではビワエキス、ビワの種とともにビワの葉茶も欠かせないお勧め必須アイテムとなっています。

◎北岡整体院 (ご紹介はこちらです)
宮城県角田市岡字阿弥陀入5−1
電話:0224−68−2814

◎「北岡整体院」に関する体験談
『ビワと健康』  2002年8月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 水虫治療にはビワエキス!
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入