前立腺ガンが退縮した!

茨城県猿島郡堺町 枇杷葉温圧・幸手教室 代表 山本盈枝 さん

平成6年、交通事故に遭いムチウチ症で1ヶ月間入院しました。

ムチウチ自体は病院の治療で治りましたが、その間、自然療法にもいろいろ興味を持ちビワの葉温灸と出会いました。

退院から2ヶ月、脚(ふくらはぎ)がひどく痛むようになりました。
この痛みは事故以前から時々あったもので、医師によると冷えが原因とのことでした。
冷えが原因ならビワの葉温灸が良いに違いない、そう判断して生葉ともぐさを使って温灸を行ったところ、思った通り、翌日には不思議なくらい痛みが収まりました。

ビワの葉温灸は肩こりにも有効です。
私は居酒屋を営んでいるため包丁を握ったりフライパンを振ったりして慢性的な肩こり状態にありますが、首の付け根、肩、肩甲骨、腕の付け根、肘の内・外側、手首の内上、手の甲、手のひら等に当てるとたちまち楽になります。
そうしたことから、お客さんから肩こりや腰痛等の話が出ると暇をみてはビワの葉温灸をしてあげるようになり、やがて指導員の認定を受けて本格的に温灸を行うようになりました。

ある腰痛の男性(70代)で普通と違う現象がみられました。
両背部から下がって腰、脚、足裏、腹部等に一通り温灸を施しましたが、足裏やへその下に温灸を行ったとき極端に葉っぱが変色したのです。
『ずいぶん色が変わるけど、この人何か重い病気を持っているんじゃないかな…』と直感しました。
また、お尻と脚の付け根、その前側を押すと痛みを訴えていましたが、後日、病院で検査を受けて前立腺ガンと判明しました。
ビワの葉の変色が身体の異常を示していたのです。
「医者は『ガンは待ってくれないからすぐ手術をしなくちゃいけない』って言うんだけど、嫌なんだ」
手術をすべきかどうか、誰しも迷う選択です。
決めるのは本人ですが、「とにかくビワの葉温灸は続けてやりなさいよ。最低でも10日。腰痛だって1日じゃダメなんだから…」と励ましました。

男性は、私の言葉を受け入れて毎日ビワの葉温灸を続けました。
私が言った10日はあっという間に過ぎ、手術を控えて再検査を受けました。
ところが、です。
驚いたことにガン細胞が縮んでいたのです。
医師は首を傾げながら「薬で退縮したのかなあ」と語ったそうです。
医師はそう判断しましたが、男性も私もビワの葉の力だと確信し、手術をしなくてもよくなった事実を共に歓びました。

喉のシコリがとれた

もう一人、喉のシコリが消えた女性(67歳)の例を紹介します。
この方は、脚の痺れ、膝・腰の痛み等で辛そうに歩いていましたが10日間のビワの葉温灸で接骨院で治らなかった痛みや痺れがとれました。
以来、週2回のペースでビワの葉温灸を続けていますが、あるとき鎖骨と鎖骨の間にシコリができて気にしていたのです。
そこでビワの葉温灸を施してみるとわずか2回の施術できれいにシコリはなくなりました。
しばらくすると喉の中にもあるというのです。
「どこ、どこ?」と聞きながら、本人が言う位置に外側から温灸を施し、これも翌日には消えてしまいました。
シコリが何だったのかは分かりませんが、とにかく消えたのです。

様々な症状に対して、万病一薬の如く即効性を発揮するビワの葉温灸には驚かされることばかりです。

◎枇杷葉温圧・幸手教室
茨城県猿島郡堺町上町960−3
電話:0280−86−6139

◎「枇杷葉温圧・幸手教室」に関する体験談 『ビワと健康』  2001年5月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 前立腺ガンが退縮した!
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入