肝臓ガンの進行を抑制

埼玉県幸手市 「枇杷葉温圧」幸手教室 山本とし枝 代表

子宮ガンを全摘した直後の検査で乳房に転移が見つかり、日を開けずに乳ガンの手術(部分的)を行なった女性(66)が、昨年6月から通っておられます。

医師から「肝臓にガンがぶら下がっている」とも言われたそうで、ぶら下がっているという表現がどんな状態を指すのかは分かりませんが、腹水が溜まっており、ガンが進行している事実は理解できました。

当初、彼女は抗ガン剤治療をしていました。
神経質な割に体力的には意外に元気で、「今日は免疫力が落ちているからできないと言われた・・・」と抗ガン剤が受けられないと残念がり、受けられた日は「今日はやれたんですよ」と喜んでおられました。

週3回、ビワ温灸を受けに通うことになりましたが、全身に1時間かけて施療しても初めは気持ち良さも何も感じない様子で、辛うじてお腹に当てると圧迫痛を感じる程度でした。

それどころか2〜3ヶ月経った頃から腰に痛みが出始め、やがて肩やみぞおち等あちこちが痛むようになりました。
停滞して感じなくなっていた感覚が正常に機能し始めたことに伴う好転反応だったと思われます。
「良かったわね、痛みが感じられるようになって」と励ましました。

予想通り経過は良好で次第に痛みは収まり、温灸が気持ちよく感じられるようになって変化していきました。
施療を始めて3ヶ月、ご本人の意思で抗ガン剤治療を止めました。
ガン患者を対象にした講演会に参加し、大学の教授が『抗ガン剤治療は免疫力を落とすからやらない方が良い』と話しておられたのだそうです。

思い返せば抗ガン剤治療を始めるにあたり、医師の言葉は「あなたの症状に合う抗ガン剤はないがとりあえずやってみましょう」というニュアンスだったというのです。
「病院で受けるのは検査だけにします」
そう医師に告げ、当教室で週3回の施療を受け、それ以外は自宅で自ら当てると決めたのです。

また、ご主人も協力的で1年が経過した今も熱心に続けておられます。
検査では「胃の中にもイボのような腫瘍が沢山出来ている」とも言われていたそうですが、ビワ温灸を熱心に行なうようになってからは大きくならず、治らないまでも横ばいで安定しているのです。
白血球や血小板の数が増え、免疫力も低下することなく推移している状況にとても喜んでおられます。

痺れにも有効

右手の痺れが改善した女性(69)は、去年12月、足の痛みで来られ、足だけでなく肩にも温灸を行なっていました。
とても気持ちが良いらしく、「週1回でなく週2回やってもらいたい」と言われ、定期的に施療を続けるうちに足の痛みはきれいに取れ、手の痺れも4ヶ月くらいで取れました。

◎「枇杷葉温圧」幸手教室
埼玉県幸手市中5−26−14
TEL:0480−43−5983/090−8688−6686


◎「枇杷葉温圧・幸手教室」に関する体験談 『ビワと健康』  2007年7月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 肝臓ガンの進行を抑制
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入