乳ガンにビワの葉温灸

神奈川県相模原市 仲里良子 さん (60歳)


平成9年12月26日、いつになく身体がだるかったため整体師である夫の手技を受けていたところ、夫が神妙な顔つきで「何かある」と言いました。

触ると確かに右胸の側部にへばりつくような、掴みにくいシコリがあるのが分かりました。しかも、そのシコリは小さなものではなかったのです。
乳ガンかも知れない。
兄を骨髄性白血病で、姉を卵巣ガンで失っている私は、すぐに近くの医院で診察を受けました。医師の言葉は非情なものでした。

「10年前ならいざ知らず、こんなになるまで気づかなかったんですか」
半ばあきれた様子で、国立病院に紹介状を書いてくれました。
「頑張ってください」
医師の励ましの一言に、自体の深刻さが凝縮されていて余計こたえました。

担当医師からビワ温灸を勧められる

平成6年、姉の卵巣ガンが判った時はすでに末期で、最終的に代替療法も行いましたが手遅れでした。
姉を助けてあげられず悔しい思いをした私は、代替療法に関する書籍を読みあさり、西洋医学とは取り組み方が根本的に違うことを理解しました。
そうした経緯から自分は西洋医学に身を委ねる気はありませんでした。ただ、病状を正確に把握する目的で国立病院の検査を希望した訳です。
「ガンなら二期です」
腫瘍マーカーも上がっていましたから、ガンであることは明白でした。しかし、病院側が勧める手術は断り、代替療法の治療で有名な甲府の佐野外科に行くことを決めました。
平成10年1月16日に佐野外科を訪ね、2月16日、ピシバニール(免疫増強剤)を打ちました。
その直後から腫瘍が腫れ出しましたが、佐野先生が口癖のように語る「ビワ温灸をしなさい」とう言葉を守り、インターネットで見つけた健康サロン「ビワライフ」に行ってみることにしました。(※「ビワライフ」のご紹介はこちらです。)
そこで、ビワ療法を指導する滝本先生に、ビワ温灸の施術法(乳ガンのツボはこちらです)とともに冷えを取ることの大切さを具体的に教わりました。

手術後の傷痕が縮小

3月23日、電気針による焼却手術を受けました。
しかし、腫瘍は完全には取り切れず、半年後の検査では腫瘍マーカーが9まで上がっていました。
平成11年1月22日、2度目の焼却手術を行いました。
今度は全部の腫瘍が取り切れたようで、胸が柔らかくなりました。ところが、1週間ほどして手術で出来た傷口が白くなり、次第に硬くなり始めました。
ビワ温灸を毎日続けました。1日1時間、風呂上がりに胸全体が赤くなるまで行ううちに傷口の不自然な白さが消え、硬さも取れました。
同年10月の検査では腫瘍は全く見られず、「どこに再発してもおかしくない状態だったよ」と佐野先生も安堵していました。
2度目の手術から1年半が経過した現在、ビワ温灸を続けたお陰で手術痕も3センチ程度と極めて小さくなりました。
食事も根本的に変えました。
私の場合、ゲルソン療法と森下食事療法を半々取り入れています。
例えばゲルソン療法では全く塩を摂りませんが、私は良質の天然塩なら摂るようにしています。
病気になる前はチーズやバターなど動物性の脂が大好きで、ピザや牛のバラ肉、マグロのトロなど好んで食べていましたが、肉、卵、牛乳等を一切やめ、半つきの玄米を主食に有機野菜、天然の醗酵食品、ニンジンジュース等を摂るようになりました。
お茶はスギナやカンゾウをブレンドしたビワ茶を作って飲んでいます。
1年以上食事療法を続けると嗜好自体が変化し、以前のような食事を摂りたいとは思わなくなりました。

劇的な心境の変化を体験

私は人前では気さくに振る舞ってきましたが、幾度も死の恐怖にさらされながら臨終の時をどう迎えるか真剣に悩みました。
そうした体験を経て、最近では1日1日がとても有り難く貴重に感じられるようになりました。
この感覚は実際にそういう立場に置かれた人間でないと理解できないと思います。
今はガンと闘うという意識から、ゆとりを持って生活できるところまで心境が変わってきました。
ビワ温灸は、ガンばかりか肩こり、寝違い、頭痛、胃の不調などにも効果的ですので、これからもずっと続けていくつもりです。

『ビワと健康』  2000年8月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 乳ガンにビワの葉温灸
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入