四十肩の痛みが消えた

福岡県直方市頓野 アイヒト総合研究所 山脇由美 院長


治療院を開業して2年になります。

お客様からは「痛いけどよく治る」との評を頂き、自負すべきところもあって熱心に施術に取り組んできましたが、職業病というのでしょうか、1年ほど前から腱鞘炎の症状が出始めました。

初めは右手親指から肘にかけて時々痛みを覚える程度でした。ところが2〜3ヶ月が過ぎた頃から肩が疼き始め、あまりの痛さに夜中に目を覚ますようになりました。
外科では「凍結肩、冷凍肩、いわゆる四十肩です」と診断され、鎮痛剤と湿布薬を処方されました。

職業柄、手を使わないわけにはいきません。
やむを得ず、自分で鍼を打ったり揉んだりしましたが、一時的に痛みが和らいでも翌日はまたハードな施術ですから、夕方になると疼きました。

鍼や指圧を強めに行い、無理をおして施術に臨みました。
しかし、急場凌ぎのやり方は長続きするものではありません。暫くするとかえって痛みが増幅しました。
痛みが最も激しかったのは今年の1〜2月です。腕はほとんど上がらず、夜は痛む肩をかばうようにして寝ていました。

ついには一切の手当を放棄し、朝風呂に入って肩を温めながら片手だけで仕事を続けました。とりわけ足裏の棒揉みは力を要するため人に代わってもらいました。それでも交代の利かないお客様については、肩が疼くことを覚悟で施術しました。

ビワ温灸の効果に驚く

痛みの兆しがあってからほぼ丸1年、人知れず辛い日々を過ごしてきましたが、ビワの葉温灸と出会ってすっかり開放されました。
「壮快」という月刊誌にビワの種で病状が改善した記事が載っていました。

母が婦人科系の検査を受けたこともあり、自然治癒力を高めるうえで良いのではないかと思い問い合わせたところ、他にも電気式の温灸器があることが分かりました。
受話器越しに説明を聞きながらピーンとくるものがあり、さっそくレンタルを申し込みました。

翌日届いた温灸器を、まず自分の四十肩に試してみました。
じんわりと気持ちが良く、鍼とは違って翌日めんけん反応が出ませんでした。

そして何より驚いたのはその効果です。ずいぶん回復したとはいえ、まだ肩を前後左右に動かすと引き吊る痛みがありましたが、初日の温灸で引き吊りが取れました。
翌日の温灸では、肩の内側1点に痛みが残る程度となり、さらに翌々日の温灸後には肩がぐるぐると回せ、荷物も平気で持てるようになりました。
結局、わずか4日間の温灸で痛みはほぼ完全に消えてしまいました。

主に「肩井」のツボから脇の下にかけて、四十肩のツボに温灸を当てましたが、自分の身体に当てながらビワの葉温灸は冷えや疲労から起こる痛みに良いのではないかとの思いが湧き、座骨神経痛に悩むお客様にも当ててみました。
これがまた大正解。3回の温灸で一気に改善され、とても喜ばれました。

ビワの効果が本物かどうか、一時的なものでないことを確認するため、私自身は4回当てたきりで10日間ストップしてみました。完治したらしく痛みの再発はありませんでした。
間違いなくお客様に喜んでもらえる。そう確信し、父母ともども普及会が主催するインストラクター講習会に参加しました。

今後、ビワの葉療法によってたくさんの方々の症状が改善されると思うと、素晴らしい療法に出会えたことを感謝しています。

◎「アイヒト研究所」のビワ商品活用例はこちら。

天然ビワ酢の食養的価値
ビワ酢で作る一夜漬け

『ビワと健康』  98年10月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 四十肩の痛みが消えた
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入