なにわ根っこの会

【活躍する人たち】 代表 廣田侑紀 さん

自然療法の素晴らしさを伝える

大阪市在住の廣田侑紀さんは、10年前にステージ犬寮絅ンを手術し、東城百合子先生の自然療法とビワ温灸で乗り越えたという体験の持ち主です。
今は自然を師に学ぶ「なにわ根っこの会」の代表として、自然療法の勉強会や料理教室を通じて東城百合子先生の教えを多くの人に伝えています。
そんな廣田さんにお話を伺いました。


私が自然療法と出会ったのは23年前、主人がステージ犬隆梁.ンと肝硬変を発症したのがきっかけでした。
突然肝臓ガンが破裂し、出血して病気が判明しました。それまで元気に生活していましたので、現実が受け入れられず動転しました。

ガンを治す方法をインターネットで調べ、たどり着いたのが東城百合子先生の『家庭でできる自然療法』でした。
東京の「あなたと健康」をたずねてお手当法を学んだり、健康相談に乗っていただいたりしました。
ヨモギの棒灸を使ったビワの葉温灸、こんにゃく湿布、生姜湿布で体を温めるお手当法を毎日しました。
食事は玄米ご飯と野菜中心の自然食に替えました。体を癒やすお手当法とバランスの良い食事で主人は少しずつ元気になりました。

ところが、やらなくていい手術(食道静脈瘤除去手術)をして体が弱ってしまい、それから約1年後に亡くなりました。
その頃の私はまだ自然療法の学びが浅くお医者様を頼って手術をしたことをとても後悔しました。
自然療法では「心」「食」「手当法」の3点を大切にします。主人亡き後も東城百合子先生を師事して心の持ち方、生き方、食事の大切さ、自然に沿って生きるという事を学びました。

ステージ犬寮絅ン

ところが主人が亡くなって5年後、ストレスから今度は私に初期の舌ガンが見つかりました。
この時は簡単な手術で短期に回復しました。
それから7年後に同じ場所に、ステージ犬悩独したのです。原因はやはりストレスでした。

お医者様からも「廣田さん、原因はストレスですよ」と何度も言われていたのですが、その時は自分自身にストレスがあることが分かりませんでした。だから「ストレスはないです」と答えましたが「ストレスがありますよ。疲れていますね」と言われました。
自分の体調に鈍感になっていたのです。
思えば、夜も眠れなくて、ふとしたことで目が覚めるということが続いていました。「これじゃ病気になるな」と思っていた矢先でした。
そこで、手術だけはしていただいて、悪いところだけは取ってもらって、後は自然療法で治そうと決意しました。

手術は大がかりなもので、舌の手術のために頸部を20センチ切開しました。舌を半分切除して太腿から筋肉を取って形成して元の舌に縫い合わせてあります。また、頸部のリンパ節にも2ヶ所転移していたため、そこも切除しました。
体は日に日に回復しました。点滴が外れて自由に歩けるようになると、11階の病室から階段で1階まで降り、コンビニで買物をして、また6階まで階段で上り、そこからエレベーターにを使って病室に戻っていました。

入院中はできることが限られていますが、家からビワの葉を持って来てもらい、頸部の手術跡に貼っていました。ビワの葉が痛みや痺れを緩和してくれます。
また、入院中は遠赤外線のビワ温灸器を使いました。患部の痛みはあまりなかったものの、痺れた感じがありました。それがとても楽になったので、ビワ温灸には本当に助けられました。
また、ビワの葉を身体に貼って、ホットパックで肝臓や腎臓を温めました。

食べることの有り難さ

舌がほとんど動かないため、食べ物を舌で回せないので食事に時間がかかりました。食べられることが嬉しくて、よく噛んで美味しくいただきました。
今でも食べ物が飲み込みづらいので、ドロドロになるまでよく噛んで食べます。食事をするのに1時間ほどかかりますが、よく噛むことで野菜の味や玄米の美味しさがよくわかりました。
食べることで自然に舌が動き、それがリハビリになりました。手術から1ヶ月後に退院しました。

退院後は棒灸でのビワの葉温灸を足の裏全体と丹田・腎臓・肝臓・頸部・百会と全身に1時間以上かけて丁寧に当てました。とても気持ちがよく、手術した頸部の強張りも和らぎました。
それから頸部と脾臓に里芋湿布をしました。

ビワの葉のエキスの効果

退院前の説明で、放射線治療についての説明がありました。放射線治療はしたくないと思い、とても悩みました。
リンパ節への転移があったので、再発の不安もありましたので治療を受けることにしました。

退院から2週間後、通院しながら放射線治療が始まりました。
はじめは違和感なく放射線を受けていましたが、10回目くらいから体が怠くなり、食欲がなくなって、手術前からたった4ヶ月体重が17キロも落ちて、体がフラフラして体力も落ちていました。
放射線治療が辛くて止めたいというと、家族から泣いて止められました。医師に相談すると、入院を勧められ、結局、入院して治療を継続することにしました。

放射線治療中は口の中に大きな口内炎たくさんできて、普通は痛くて食べられなくなります。でも、口内炎にはビワの葉エキスがとてもよく効きますので、私はビワの葉のエキスで口内炎を治し、ご飯を食べ続けることができました。
それで、同じような手術をした方にビワの葉エキスを紹介したら、皆さん喜んで、自分で作っているという方がたくさんいらっしゃいます。

自然療法の勉強会を開く

退院後は、「よくなって自然療法を伝える人になる」という信念で、お手当とビワの葉温灸を続けました。
治りにくい病も自然療法で元気になっている方をたくさん知っていましたので、絶対に大丈夫だと思いました。
それから食事。私達の体は食べたものでできるので、食事は大事です。大地が育てた自然からの頂き物「玄米」は生命そのものです。
また野草の生命力にも助けられました。いただく生命、いただいた私の生命、今生きていることに感謝の思いが溢れて心も体も日々元気になっていきました。

退院してから1年ほどして、東京の「あなたと健康料理教室」に健康料理を習いに毎週通いました。
約1年で終了して、その後、自宅で健康料理教室と自然療法の勉強会を始めました。
8年前から始めて、5年ほど続けたのですが、コロナのために健康料理教室の開催ができなくなりました。
健康料理教室は3年間休んで、今年6月から再開しました。

自然療法は、2年前、ある方から「お手当法を教えて下さい」という電話をいただいたのがきっかけで再開しています。
昨年からは「なにわ根っこの会」の代表をしています。
「なにわ根っこの会」は、今から約40年前、東城百合子先生とのご縁から、前代表が自然を師に学ぶ会として発足されました。
春は野草摘み、夏は和歌山の海岸で砂療法、冬は味噌仕込みなど、和気藹々と活動を続けています。

ビワ温灸器との出会い

私が遠赤外線のビワ温灸器と出会ったのは、2003年のことです。
ある日突然ぎっくり腰になって痛くて動けなくなった時、ネットで探してビワ療法をしてくださるという治療院を見つけました。鍼灸の先生だったのですが、ビワ温灸器を使った施術をしていたのです。

最初に診てもらったとき、触診でふくらはぎの裏の方を触られたら、痛くて飛び上がりました。「坐骨神経痛ですね」と言われ、経絡に温灸を当てて温めてくださいました。すると、1回の治療で痛みがなくなりました。
「これはすごい」と思い、そこで勉強させていただいて、指導員の資格もいただきました。
それからも自宅で棒灸でのビワの葉温灸をしていました。ところがあるとき、お医者さんから「廣田さん、煙草を吸っていますか?」と聞かれました。棒灸の煙の臭いが体について、煙草と間違えられたのです。そのことがショックで、それから温灸器を使うようになりました。

先日、ビワの葉温灸を教えてほしいという要望があったので、あわせて温灸器の紹介をさせていただきました。すると、3名の方が温灸器を買ってくださいました。やはりこれからはビワ温灸器かなと思いました。
自宅でビワ温灸器の治療をする予定です。心と体を癒やす自然療法と健康料理教室の運営と合わせて必要とされる方と繋がりますように。
健康とのご縁は、第一に感謝の心。いただいた命に感謝。今、生きているということへの感謝ですよね。
今はその感謝でいっぱいで、有難いなと思いながら生きています。今が一番健康で幸せです。

◎連絡先
なにわ根っこの会
大阪市西淀川区大和田6−16−23
TEL:090−3998−3513

『ビワと健康』  2023年8月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
(© ビワの葉温熱療法普及会
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 活躍する人たち > なにわ根っこの会
※ 当会ではビワ商品の販売はしておりません。ご購入を希望の方は下のバナーから検索して下さい。