薬品による爛れに威力

大阪府大阪市西淀川区 廣田侑紀 さん (47歳)

ビワ温灸器を愛用し、自分でもビワエキスを作って知り合いに分けてあげたりと、ビワ療法の素晴らしさをお伝えすることに喜びを感じています。

自身の体験を含め、ビワ温灸器やビワエキスによる改善例は症状の大小を問わず色々あります。

2、3年前です。
知人のご主人(50代半ば)が仕事中、手に薬品が掛かって2倍になったかと思われるほど腫れ上がったにも拘らず、ビワエキスで跡形もなく治ったという経験をされました。

知人にビワ療法を紹介したのは私で、この家では遠赤外線のビワ温灸器を2台持ち、家族で愛用しておられましたからビワの効用はよくご存じでした。

ご主人の手に掛かった薬品の名称はわかりませんが、火傷のようにただれ、腫れていたものがビワエキスを塗ることで短期間で腫れが引き、全く跡も残らなかったと喜ばれました。

そういう体験もあって、知人はその後もアトピー性皮膚炎で困っておられる方を紹介して下さったり、すっかりビワ療法の愛好仲間といった感じです。

私自身の体験は、車のドアに指を挟んだことです。
左手薬指でした。

ちぎれるほどの激痛でしたが、すぐにビワエキスを塗ったことでジンジンと痛みはするものの何とか我慢できるところで収まりました。
しかし、その痛々しい指を見て友人たちはみな「いびつな指になるよ」と口を揃えました。

確かにそういったケースで指や爪が変形した人は見かけます。
完全に爪が剥がれ落ち、私も心配しましたが、根気強くビワエキスを塗り続けたところ、1年ほど掛かりましたが爪がきれいに生え替わり、元どおりになりました。

ビワエキスには鎮痛作用や殺菌作用があり、虫刺されや口内炎にも有効ですし、肩こりや腰痛も楽にしてくれます。

一昨年、交通事故でむちうちの症状で首から肩にかけて重苦しいときがあったのですが、そのときもビワエキスで緩和され助かりました。
ビワエキスの活用範囲はとても広く、重宝するのでいつも小瓶に入れて持ち歩いています。

『ビワと健康』  2006年1月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 薬品による爛れに威力
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入