長年悩まされてきた偏頭痛が解消

富山県富山市 はせがわ 長谷川満代 さん

私は子どもの頃から頭痛持ちで、成人してからも鎮痛剤を持ち歩いていないといけない生活をしていました。
20代の頃は月に1回ぐらいものすごくひどい頭痛が襲ってきて、もどしてしまうこともありました。しかも、1回そういう頭痛が始まると3日間とか1週間とか続くのです。
町医者に診てもらったのですが、「鎮痛剤を飲んで治まるんだったら、鎮痛剤を飲んで」と言われ、鎮痛剤を処方してもらっただけで特別な治療などはありませんでした。
しかし、頭痛でも仕事はしなければいけません。そんなときは薬を飲みながら仕事をしました。

30代になって富山に嫁いできたのですが、やはり頭痛は続いていました。仕事に行くときでも、朝起きたら頭が痛いことがあり、鎮痛剤を常用している状態でした。
薬を飲まない日が少なく、朝・昼・晩と飲んでいた時もあって、本当にこんな体で大丈夫なんだろうかと思っていました。
しかも舅・姑が同居していましたし、子どもも3人いましたから、薬を飲みながら動かないといけないような感じで、夜は本当に倒れ込むように寝ていました。

30代、40代の時は人の半分しか動けないような感じで、主人からも「あなたの体調がいい日ってあるの?」と聞かれたほどでした。
本当に人生を損しているような感じで、「私って何だろう」と嫌になることもありました。
妊娠中は鎮痛剤を飲みたくなかったので、氷枕をしながら痛みをしのいだりもしました。それでも、どうしても我慢できずにお医者さんに妊娠中でも飲んでいいという薬を処方してもらうこともありました。幸い子どもには何の影響もなかったので、よかったのですが。

また、一度は夜中にひどい頭痛に襲われ、どんどんひどくなるので、「これはただの頭痛だろうか?」と思って救急センターに行ったことがありました。
でも、その時も先生は「これ飲んで、30分休んで頭痛が治まったら、たぶん偏頭痛だから」と言って、偏頭痛の鎮痛剤を出されただけでした。それで本当に治まったので、確かに偏頭痛は偏頭痛だったのです。
ただ、そのお薬は非常によく効くのですが、ものすごく高いのです。3割負担の保険がきくお薬だとは思うのですが、1ヶ月に1万円ほどもします。しばらく飲んでいましたが、続けることはできませんでした。

ビワ温灸との出会い

さて、私がビワ温灸に出会ったのは30歳のころのことです。まだ結婚する前で、東京にいた時に資格を取りました。
富山に来てからは整体のインストラクターの資格も取り、数は多くないですが、知り合いとか、ガンになった方たちに整体とビワ温灸をさせていただいていました。
自分自身にもビワ温灸はしていました。お腹と背中と首と頭、こめかみのあたりという感じで当てていました。
特に頭や首はよくやりました。首の凝りからくる頭痛もあれば、頭痛が続いて首や肩が凝るという場合もあります。頭痛がするから首・肩なのか、首・肩からくる頭痛なのかはわかりませんが、自分でもやりやすい場所ですし、当てると楽になります。
背中は自分ではできないので、夜、主人にやってもらいました。

そんな感じで、人にビワ灸と整体ををしてさしあげ、自分自身は大病はしないけれど頭痛と付き合いながら、「この頭痛さえ治まれば楽になるだろうな」と思いながらの30代、40代でした。
人にビワ灸をしてあげるとき、温灸器のスイッチを入れて、ビワの匂いがするだけで気持ちが楽になるみたいな、人にしてあげると自分もすごく楽になるということを感じることもありました。

そして50代に入ってしばらく経った頃、ふと気がつくと以前のように頭痛で寝込むことがなく、薬を飲まない日が多くなっていることに気づきました。
50代の半ばからは本当に健康になって、たまに疲れたときに頭痛がすることはありますが、以前のような酷い頭痛はありません。鎮痛剤を持ち歩くということもなくなりました。
来年60になりますが、人の半分しか動けないようだった30代、40代が嘘のような毎日で、本当に有難いなと思っています。

◎はせがわ
富山県富山市高園町16−23
TEL:090−1391−4614


『ビワと健康』  2022年10月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
(© ビワの葉温熱療法普及会
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 長年悩まされてきた偏頭痛が解消
※ 当会ではビワ商品の販売はしておりません。ご購入を希望の方は下のバナーから検索して下さい。