末期ガンの老犬が歩いた

奈良県香芝市 びわの葉温熱療法 蓮の花 鹿島尚子 代表

私のお客様が飼っているラッキー君は、ゴールデンレトリバー(オス、15)という種類の大型犬です。

肝臓と膵臓の末期ガンで腫瘍を切除する治療は困難な状態ですが、胃腸の捻転に伴う辛い症状を抑えることを目的に平成30年2月、手術を受けています。

腫瘍が肥大すると圧迫により便が細くなり、それは病状の進行を示しているそうです。

高齢で、手術をし、腫瘍は取れず、歩行もままならない。体への負担は大きく、獣医さんから「やるだけのことはやったので、もう出来ることはありません。あまり辛そうなら安楽死を考えた方がいいですよ」と言われたそうです。しかし、飼い主さんとしては諦めることは出来ません。

もう寝ているだけの状態ですが、ご夫婦で体を支え食事や排泄の世話を一生懸命されていました。
昨年6月に「今年一杯もたないだろう」と余命宣告され、少しでも長生きさせたい、少しでも良くなってほしいという願いからビワ温灸による施術の依頼を受けました。
私はペットに詳しくないのでペット専門にビワ温灸やマッサージなどを行っている先生にご指導を仰ぎながら、週1回のペースで施術していきました。

また、ビワ商品の販売会社の社長さんに状況をお話したところ「動物にもビワの種は大丈夫ですよ」とアドバイスが頂けました。
大型犬なのでビワの種の粉末を1回につきスプーン1杯を目安に1日3回、食事に振りかけて食べさせて頂きました。
併せて私が愛用してきたビワの棒灸と専用ホルダーをお貸しして、ご家族にもケアして頂けるようお願いしました。
これはビワエキスを含ませた綿の布を体にのせ、その上に折り畳んだ紙をのせ棒灸で熱を加える方法で、生の葉っぱを使うこともあります。
「時間が作れてワンちゃんの反応も気持ち良さそうだったらぜひ当ててあげてくださいね」
そうお願いしました。

こうして週1回の私の施術とご家族による日々のケア、そしてビワの種の服用が定着しました。
8月26日、飼い主さんからラインで動画が送られてきました。
驚いたことに画面の中には、2ヵ月前には寝たきりだったラッキー君がスタスタと家の中を歩き回っている姿がありました。
飼い主さんはとても喜ばれ、「泣きたいくらいです。ビワのお陰です」と仰っていました。
9月からは訪ねていませんが、現在もビワの種を定期的に購入されケアを続けておられます。

柴犬の認知症にも

柴犬の認知症でも改善例があります。
14歳、オスのスバル君は外飼いされていますが、認知症で夜鳴きが酷い状態でした。
柴犬はご主人に忠実な性格の犬種で、それだけにストレスが蓄積するのか認知症になりやすいと言われているそうです。

精神安定剤を飲ませると死んだように静かになり、飼い主さんとしては可哀想で、少しでも薬を減らし、気分を落ち着かせて夜もしっかり寝させてあげたいと思っておられました。
ペットケアの先生に相談したところビワ温灸は犬の認知症にも効果的とのことでした。
初回は先生が来て下さり、スバル君の頭部、耳の辺りにビワ温灸を施しました。
不安を取り除き気分を落ち着かせるケアだそうで、効果はてきめん。1週間、薬なしでも吠えることはありませんでした。

私がバトンタッチしてからは腕の違いか薬と併用する形ですが、それでも減薬できて喜ばれています。

◎びわの葉温熱療法 蓮の花
奈良県香芝市高山台
TEL:090−2137−0582

◎「びわの葉温熱療法 蓮の花」に関する体験談
『ビワと健康』  2019年2月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
(© ビワの葉温熱療法普及会
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 末期ガンの老犬が歩いた