母の悪性リンパ腫が改善

奈良県香芝市 びわの葉温熱療法 蓮の花 鹿島尚美 代表

関節リウマチを患っている母(80)は血液検査など色々な検査を定期的に受けていますが、昨年6月の検査ではいつもと状況が違っていました。

医師の表情は硬く、血液検査の結果が良くなかったことが伝えられ、母自身も咳が続いていたり、胃の調子が悪いこともあってレントゲンを撮ることになりました。

レントゲン検査の結果、胃が悪性リンパ腫に冒されていることが判明しました。

リウマチという病気は免疫機能が異常に上がり自分の細胞を攻撃している状態なので、免疫を下げる薬を常用するため悪性リンパ腫になり易いと聞いてはいました。それでも、さすがにショックでした。
しかも、胃ばかりか肺にも転移の可能性があるとのことでPET検査も行われました。

残念ながら肺も冒されていました。PET検査では腫瘍のある部位が赤く写るのですが、胃も肺も真っ赤になっていたのです。
転移の状態から医師は明言は避けつつも余命は年内いっぱいといった表現をされました。
母も年齢は年齢です。それでも長生きしてほしいと願っていた私はガンに良いとされるものを虱潰しに探し、その中でビワ療法に出会うことが出来ました。
初めは生の葉っぱと棒もぐさの温灸を学び、母に当ててあげました。
母は病院の治療とは別の療法を試すことに抵抗を感じているようでした。それでも、棒もぐさを使った温灸は昔のやいとを思い出し、懐かしさを感じた様子で受け入れてくれました。

抗ガン剤の副作用がほとんど出なかった

私は奈良、母は名古屋在住です。距離があり、仕事もあって週に1、2回通うのが精一杯でしたが極力足を運びました。
棒もぐさの温灸は4ヵ月ほど続けました。ただ、私も合間を縫っていくので時間の調整が難しく、抗ガン剤の点滴の日と重なって病室に出向くこともあり、そうなると煙の出る棒もぐさのビワ温灸では都合が悪かったのです。
そこで見つけたのが遠赤外線のビワ温灸器でした。この温灸器は火を使わないので煙や臭いの心配はなく、誰にでも扱える手軽さが特長でした。
母としては却ってそれが物足りなく感じたのか、少し怪訝な表情を浮かべていました。
ところが、いざ始めてみると良かったのです。ビワ温灸は背中から順に全身に当てていきました。母はリウマチで手足の指の関節が変形していて、そこには当てないようアドバイスを頂いていたので患部は外しつつも、坐骨の状態があまり良くなかったのでお尻や腰にはしっかり当てました。
すると腰が楽になるとともにリウマチも痛みはないと言いながらもやはり痛かったのでしょう、いつも夜中に起きてしまうのに「あなたがビワを当ててくれた日はぐっすり眠れるわ」と喜んでくれました。
そこで母が自分でも当てられるように母用のビワ温灸器を購入しました。
母は免疫を司ると言われるお腹や凝っている肩などに自分で当て、私が訪ねた時は全身に当てることが定着していきました。
特に良さを実感したのは抗ガン剤治療の副作用が殆ど出なかったことです。髪の毛は少し抜けましたが、吐き気は全くありませんでした。
ビワの葉茶やビワの種の粉末、ビワ酢なども飲んで貰ったのも効果的だったのではないかと思います。

粉末状の種は少し飲みにくいと言うので量を加減しながら牛乳に混ぜたりしました。ビワ酢は美味しいと言って喜んで飲んでくれました。
抗ガン剤の副作用が殆ど出ないことに、病院の医師も「凄いね!」と感心しておられました。
そうこうしながら抗ガン剤治療の1クールが終わりました。
そして、今年6月。抗ガン剤治療が終わったあとのPET検査で良好な結果がみられ、ひとまず治療は終了し、経過観察ということになったのです。
1年前には余命云々で、絶望の淵に立っていたことを思うとビワ療法をこつこつ続けてきて本当に良かったと感謝しました。
医師は「悪性リンパ腫には抗ガン剤が効き易い」と仰いましたが、結果としてそうでも発症当時は胃と肺の両方への転移で決して芳しくなく、大きな病院でも「うちではちょっと・・・」と移らざるを得なかったことが二度もあった事実を鑑みると相当厳しかったのは否めません。
抗ガン剤が効いたのかビワが良かったのか、あるいは両方の効果か。それは判断できません。しかし、副作用が出なかった点でもビワの良さは分かります。

リウマチにも効果

また、リウマチの症状も落ち着いています。ガン治療のために薬を止めましたが、今も薬は再開していません。ビワ温灸を始めてからはむしろ調子が良く、殆ど意識する事がなくなってしまったのです。
気がつくと発症当時続いていた咳も割と早い段階で止まっていました。
抗ガン剤治療が終わり、3ヵ月に1回の経過観察になり、医師からはPET検査の結果を踏まえて「疑わしいものがあって肺炎の可能性はありますが、リンパ腫の肥大は見られません。転移を思わせる異常な集積亢進もなく、その他の病変は消失しています」と言われました。
診断書には『代謝的部分奏功』とあり、確かめてみたところ腫瘍が以前より全体の30%以上消失状態と分かりました。
完全に無くなったわけではありませんが、リウマチも含めてすこぶる体調が良いのでこれからもビワ温灸を続け、さらに縮小させていくつもりでいます。
私は他に仕事をしていますが、ビワ療法の併用により母が改善していく様子をつぶさに見ながら、またこれは次の機会に譲りますが私自身の改善もあり、「ビワはいい」と実感し、仕事の柱の一つとして取り組みを始めています。

◎びわの葉温熱療法 蓮の花
奈良県香芝市高山台
TEL:090−2137−0582

◎「びわの葉温熱療法 蓮の花」に関する体験談
『ビワと健康』  2018年8月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 母の悪性リンパ腫が改善
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入