急性の腰痛にビワ温灸

愛媛県今治市 レインボーハンズ 宇野詔子 代表

夏場から急に気温が下がり始めた頃でした。突然、経験したことのない激しい腰痛に襲われました。

立っているのも困難なほどの痛みで両手に杖をついて摺り足で歩くしかなく、トイレにも夜中は杖をつくのは危ないので這って行かざるを得ませんでした。

急激な気温の変化に加え今年2月から血圧が安定せず降圧剤を飲んでいましたが、何とかその降圧剤を止めたくて夏場に青汁を作って飲んでいたことで体の中からの冷えも影響したのではないかと思います。

『これは冷えだな・・・』と感じたのは翌日でしたが、発症直後は突発の腰痛だっただけに、ぎっくり腰と判断しました。
同じ腰痛でも、ぎっくり腰の場合はビワ温灸を患部自体にはあまり当てない方がいいと思っていましたし、人にもそう説明してきましたが、実のところ私自身は腰を痛めた経験がなく実感はありませんでした。
腹部をメーンに肝臓や腎臓付近まで当てて床に就いたのですが、翌朝は改善がみられませんでした。
ぎっくり腰は背中より腹部・・・と思い込んで当ててみたものの、変化のなさに思い直し、お腹か背中どちらに当てるべきか判断すべく「お父さん、O−リングテストしてくれる」と主人に頼んで試してみました。

自分の左手を腰に当てて、「ここにビワ温灸をします」と口にしながら右手の指で輪っかを作り、それを主人に開いてもらうのです。
私と主人のO−リング歴は長く、25年ほどになります。
大村博士のO−リングテストを松山の医師たちが学ぶ場で私たちも一緒に学ぶ機会を得たのです。
それを機に学術的な内容を本やビデオを通じて学んだり、実践を重ねることでニュートラルで正確なやり方が身に付きました。
因みに、うちは今治タオルを製造しており、主人は”健康波動タオル”を考案して販売しているほどです。
このタオルを巻いて寝るだけで咳が止まったり、痛みが軽減したりと改善の実例も多々あります。
波動とは不思議なもので、このタオル上にコーヒーなどを置いておくと味がまろやかになります。当然、人の身体も水分が多いので変化は起こります。

いざO−リングテストを行ってみると腰にとても強い反応が出ました。
早速、腰をしっかり温めました。背骨とその両脇を中心に25分ほど何度もくり返し当てたのです。
さらに肝臓、腎臓、お腹も軽く当てたので全部で40〜50分かかりました。
すると当てている最中から楽になってきて、当て終わった時には全然と言って良いくらい腰痛は消え、その日のうちに杖は要らなくなりました。それでも一応、念のため翌日もビワ温灸はしておきました。

まさか、こんな劇的に改善するとは・・・。正直、驚きました。
その後も症状は全く出ていません。腰痛の気配すらありません。それでもビワ温灸は時々当てています。
あのままO−リングテストをせず、思い込みでお腹ばかり温めていたらなかなか良くならなかったと思います。
ビワ温灸は体を芯から温めるので慢性的な症状に有効ですが、今回のような急性的な症状にもポイントを抑えることで威力を発揮することを身をもって実感しました。

◎レインボーハンズ
愛媛県今治市上徳乙54−7
TEL:0898−48−2186

◎「レインボーハンズ」に関する体験談
『ビワと健康』  2017年11月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 急性の腰痛にビワ温灸
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入