右目の疼きが温灸で改善

愛媛県今治市 レインボーハンズ 宇野詔子 代表

昨年10月後半、土曜日の夜でした。連日忙しく無理もしていたからだと思いますが、2年前に緑内障の手術をした右目がひどく疼きだしたのです。

手術後、ときに疲れを感じることはありましたが、疼くというのは初めてで、その痛みと恐怖が加わり夕食を取ることすら出来ませんでした。
ビワの生葉を右目にくっつけて暫く横になり、少し落ち着いてからやっと軽く食事を取りました。

翌日も仕事が忙しく休むことが出来なかったので極力無理をせずに1日過ごし、この日から毎日ビワ温灸を続けました。
もともと私は肩こりがひどいのですが、この時はなぜか左側の首の付け根(後ろ側)と肩甲骨のきわが悪く一生懸命に当てました。
また右腕や肝臓、腎臓、腹部、足にも時間のあるときは当てました。
火曜日の午前中、眼科で診てもらったところ「疼くほどの炎症はみられません」と診断されました。
その言葉にすぐにビワの生葉や温灸でケアしたのが正解だったと感じました。

また、その医師は「目を温めるのもいいですよ」と言われました。眼科では炎症を軽くする目薬が処方されたのでそれを差しつつ、瞼を閉じて目にも軽くビワ温灸を行いました。
体の信号として肩こりが原因で右目が痛んでいるのが判ったため首、肩、背中を中心に時間が許せば全身に1時間半くらいかけて当てましたが、特に左の首の付け根部分がポイントでした。他の部位とは明らかに違い3倍の時間をかけないと温まらず、私の場合、そこが最も血流が悪いようでした。

私は朝食は取らないので目覚めるとまずビワ温灸を行います。なるべく時間をかけて当てますが、大切なのは時間がないときでも例え15分でも20分でも継続してビワ温灸を行うということです。
それというのも、短時間であってもビワ温灸を毎日当て続けると体の反応が早くなるのです。例えばお腹にビワ温灸を行うとすぐに腰の方までポカポカとしてきます。

自分自身でビワ温灸を当てることも大切です。
肩甲骨の際は自分では当てにくく孫が当ててくれて助かりましたが、自分で当てられる部位はなるべく人の手を借りずに当てるようにしています。
自分で当てれば早すぎることも遅れることもなく、一番良いタイミングで温灸器の当て外しが出来るからです。

主人がビワ音圧器の据えつけ台を改良し、椅子に座れば一人で背中に当てられるようにしてくれたので重宝しています。
右目の疼きは1週間ほどでなくなりましたが、その間、二度ほど棒もぐさを使ったビワ温灸も行いました。ここぞという部位には、やはり生葉で棒灸が良いと感じるのです。

ただし、煙と臭いの問題がありますから通常は遠赤外線の温灸器が便利で十分だと思います。
念のため目薬は1ヶ月続けました。
もちろんビワ温灸は今も毎日続けています。

◎レインボーハンズ
愛媛県今治市上徳乙54−7
TEL:0898−48−2186

◎「レインボーハンズ」に関する体験談
『ビワと健康』  2011年1月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 右目の疼きが温灸で改善
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入