肺の転移ガンが縮小した

大阪市中央区 デトックス&はり灸 てのひら 安井恵美 院長

乳ガンが肺に転移した女性(46)の改善例を紹介させて頂きます。

この方が乳ガンを発症したのは、42歳のときです。初期だったので部分切除し、2年間は抗ガン剤治療をされたそうですが、それが終わってからは放置していたとのことでした。

4年が経過した昨年12月、かつて手術した右胸にしこりらしきものを感じて検査を受けたところ、再発がわかったのです。

当院には今年1月半ばに来られました。1月中に検査を受けて手術する方向で決まったのですが、お子さんやご家庭の事情から「3月か4月、春休みに出来たらいいと思っています」とのお話でした。

その間、少しでも免疫を上げられたらとご自分で色々調べ、ビワが良いということを知って訪ねてみえたのでした。
手術を控えておられたので「出来ることをしましょう」とお話し、食事等の指導をさせて頂き、早速、ビワの種(錠剤タイプ)やビワ茶を飲んで頂くことにしました。

取り組みを始めた矢先の2月、胸にあったガン細胞が肺に転移していることが判明しました。
「ステージ4です。もう手術は出来ません」と告げられ、「手術はしないことになりました」と肩を落としておられました。
本格的に何とかしなくてはいけないと、食事や生活習慣を改めながら「とにかく体温を上げましょう」と方針を決めました。
病院では「手術は出来ないけれど分子標的薬という抗ガン剤をやってみましょう」と3週間に1回、投与することが決まりました。

当院では週2回、ビワ温灸の施術をスタートし、また、3月からは別の温熱療法もプラスアルファーで月1回のペースで始められました。
ご本人は抗ガン剤の副作用を心配されていましたが、ビワ温灸が奏功してか全く出ませんでした。
4月にチェックのためにCTが撮られました。「あまり変化はないけれど、少しガン細胞の輪郭がぼやけてきている感じがする」という医師の見解でした。

ご本人的には末期だからどんどん悪化するイメージだったけれど、体を温めることに一生懸命努力してきたことで、意外と病人らしくない状態が保てているので「これはビワの効果じゃないかしら」と仰っていました。
6月に入り、CT検査で「ひょっとしたら小さくなっているんじゃないか」という見解で、「このまま抗ガン剤が効いて状態が保てているのであれば、抗ガン剤を減らす方向でやっていきましょう」と言われたのでした。
この時期には実際、体温にも変化が出てきていました。当院で施術を始めた当初は35度台で35.7〜35.9度くらいでしたが、6月には36度台が出るようになっていました。

ガン細胞が縮小した

またこの時期から当院で、”拝酸療法”も始められました。彼女は興味を持っておられ、部分的にも出来ることをお伝えしたところ上半身をしっかりケアしたいとのことでした。
この療法は簡単にいうと、マッサージオイルを塗布した体に金属の棒で経絡等に沿ってこすっていくことでリンパや血液の流れを促進させ、毒素を出しやすくするというものです。
施術の手順としては、先に拝酸療法で背中や肩甲骨など自律神経系のエリアをしっかりほぐして、その後ビワ温灸で温めるようにしました。トータルで90分ほどの施術です。
ビワ温灸は、基本的には腰から背中、首の後ろまで行い、仰向けになって腹部や胸の間、胸腺や「中府」「雲門」、鎖骨の下辺りを入念に施しました。7、8月と毎週欠かさず施術を続け、9月12日にCT検査があり、9月29日に結果が出ました。
驚いたことに肺に転移していたガン細胞は大きいものは縮小し、小さいものは無くなっていたのです。何処に行っちゃったんだろう・・・。影が見えないものがかなりあったのです。

この抗ガン剤は高額で保険が効いても1回30万円くらいすると言われていますし、いつまでも続けることは難しく、いずれは効かなくなる時が来るかもしれないのです。
しかも、いくら分子標的薬とはいえ、体に良いものではないのでいつか終わりにしたいというお気持ちを持っておられます。
食事の面では、午前中はニンジンとリンゴと野菜をミックスしたジュースとビワの種、ビワ茶のみにされているそうです。
ご本人は、体調が安定しているのは抗ガン剤の効果もあるとは思うけれど、今まで副作用が全くないのはやはりビワ療法のお陰じゃないかと仰っています。
ガンそのものが消えて無くなれば一番良いけれど、このまま大人しい状態でうまく付き合っていければという気持ちになっておられるようです。
一度ガンになったというとこは、その方の生活の中にガンになる原因があるということです。原因を探り、治療をしつつ生活を改めていくことが大切です。
治療をしながらも体を温めたり、暴飲暴食を控えたり、ストレスを溜め込まないようにするとか、細かいことではあるけれどバランス良くトータルで取り組むことが必要です。

最後にいま一度施術のポイントを挙げると「腎愈」「膈兪」「膏肓」の辺りは最初から気持ちが良いと仰っていました。
乳ガンの場合、背中の辺りが重だるくなりますし、4年前に手術をされている影響もあって少し動きが悪い面があるので、肩関節や肩甲骨の周りをしっかり温めました。
腹部は全般的で、肝臓の周辺、肋骨の下、あとはおへその周りで「関元」「大巨」「神闕」などです。
たまに調子が良すぎて食べすぎて体調を崩されることもありますが、最近ではご自分で体の状態が分かるそうです。

◎デトックス&はり灸 てのひら
大阪府大阪市中央区玉造1−4−21
TEL:080−6119−1805

◎「デトックス&はり灸 てのひら」に関する体験談
『ビワと健康』  2017年11月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 肺の転移ガンが縮小した
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入