PMSの諸症状が改善

大阪市中央区 デトックス&はり灸 てのひら 安井恵美 院長

PMS(月経前症候群)や子宮内膜症、過多月経など婦人科系疾患で長年悩んでこられた女性(41)が、ビワ温灸中心の施術により劇的に改善されているのでご紹介させて頂きます。

彼女のPMSは、月経が始まる2週間くらい前から現れます。具体的には下半身のむくみ、便秘、精神的なイライラ、食欲増進といったものです。

子宮内膜にポリープが見つかったのは2012年12月で、担当医から手術を勧められ、翌年1月には手術を受けておられます。
ところが、ポリープを取ったにも拘らず、過多月経やPMSの症状に殆ど変化はなく、術後、不正出血が半年間続いたのでした。
その後も一向に改善せず、疑問に感じて2014年12月に別の婦人科を受診したところ、再び2センチのポリープが出来ていることが判明しました。

そこで、今度は子宮内膜の3分の2を焼く手術を受けられたのですが、それでもPMSの症状はさほど改善しませんでした。
2016年2月、体調が優れず不安を感じて、ガン検診を兼ねて婦人科を受診されたそうです。
ガン検診は陰性だったものの2014年の手術で焼いた内膜症が再発しかけているのと診断が下され、このままではラチが開かないと考え、病院の治療以外で何か良い方法はないものかと探し始めたのでした。
そんな折り、彼女と私は知り合いだったこともあり、私が鍼灸をやっていて、新たにビワ温灸も始めたことから「冷え性もあるから1回施術を受けてみたい」という話になりました。

ビワ温灸の熱が入るようになって・・・

初来院は、6月18日。下半身にむくみが出ていて、ご本人曰く「脚が痛いくらいに張る」とのことでした。
初めてのビワ温灸は体が受け付けず、温灸器を当てると、すぐに「熱い、熱い」と言われ、熱の入りにくさを感じました。
しばらく継続した方が良いと感じ、定期的に通って頂くことにしました。
6月22日、2回目の施術に来られました。
月経の予定が7月8日くらいからで、「そろそろPMSが始まってもおかしくない時期です」とのことでしたが、前回に比べるとビワ温灸の熱は入りやすく、じんわりと汗が滲んで「ポカポカ感があります」と話されました。
この日、ビワ茶を購入されたので「ビワ茶もしっかり飲んで下さいね」とお伝えしました。
6月25日、3回目。そして、7月2日が4回目でした。

この日は月経開始の1週間前になっていましたが、「便秘はあるけれど、むくみは少しマシです。イライラが全くなく、今までは凄い食欲でドカ食いしていたのにそれも一切ありません。寝つきが良く、ぐっすり眠れて凄く楽なんです」と話されました。
また、雨が降る前に頭痛が起きることが多かったけれど、それもなくなり「いい感じ」と喜んでおられました。
冷えについては、当初膝から下が特に冷たい状態でした。うつ伏せで腰周辺、「腎兪」や仙骨などのポイントにビワ温灸を施し、仰向けでは胃の下の「中脘」や「神闕」、「関元」のツボや子宮、卵巣周辺を繰り返し温めました。
8月19日、10回目には、わざわざ足にビワ温灸を施さなくても全身の施術が終わる頃には、足までしっかり熱が通っている状態になっていました。
振り返ると3回目くらいからビワ温灸の心地好さが実感できて、「気持ち良いです」を連発するようになられました。
これまでに月経は7月と8月、2回迎えていますが、イライラは一切なく、むくみは少しあって足首の周辺がまだ腫れています。

大きく変わったのは、血液の状態です。
通常、月経は鮮血ですが、彼女の場合は瘀血が酷く、6月以前は「レバー状の赤黒い塊しか出ません」とのことでした。
7月には、固形状だった血液が目玉焼きくらいの軟らかさに変わり、これまでの異常さが改めて分かったと話しておられました。
まだ正常とは言い難く施術を続けていく必要がありますが、この数ヵ月の短期改善で『今まで何年間も悩んできたのは一体何だったんだろう』という表情で驚かれていました。

◎デトックス&はり灸 てのひら
大阪府大阪市中央区玉造1−4−21
TEL:080−6119−1805

◎「デトックス&はり灸 てのひら」に関する体験談
『ビワと健康』  2016年9月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > PMSの諸症状が改善
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入