圧迫骨折の痛みが軽減!

兵庫県尼崎市 びわの葉家 吉岡悠 代表

現在、入院中でベッドに横たわっている身ではありますが、今年2月4日に発症した圧迫骨折の痛みがビワエキスの温湿布やビワ温灸により随分と軽減し、助けられたので報告させて頂きます。
そもそも入院中に圧迫骨折をすることが不自然な話であって、まずはその経緯についてお伝えします。
一昨年のことです。左腋にしこりが出来ました。初めは気にかけていなかったのですが、どんどん大きくなってきて、さすがに不安になって病院で検査を受けました。

白血病で骨髄移植

結果は、予想外に深刻なもので、血液のガンと呼ばれる白血病だったのです。
その年の11月13日に急遽、入院。闘病生活が始まりました。
抗ガン剤治療を受けながら自分自身で何が出来るかを考え、頭に浮かんだのはやはりビワ療法でした。
全身にビワエキスを塗りこんだうえで使い捨てカイロで温める温湿布や、遠赤外線のビワ温灸を施すことにしました。
この時点では痛みはなかったので、抗ガン剤治療を受けつつも細胞の再生能力というか、治癒力を高める助けになればと期待を寄せる感じでした。
ビワエキスは薬ではないので勝手に塗っていましたが、ビワ温灸器の使用については、病院に許可を得ました。
昨年の初め、骨髄移植の手術を受けました。
手術後は、抗ガン剤に加えてステロイド剤や免疫抑制剤を投与する治療が始まりました。
骨髄移植をするとドナーさんからもらった白血球などが自分の体を攻撃したりするらしく、それを抑えるための薬を服用します。
免疫機能を抑えるわけで、必然的に感染症に罹りやすくなるというリスクが伴います。
ここが難しいところで、症状に合わせて人によっては移植後、何年間も服用することもあります。
私の場合は入院から10ヵ月ほどで退院出来ましたが、薬の服用は続けていました。
退院から3ヵ月が経ち、肺炎を患って再び入院することになりました。去年12月のことです。
この病気は、データ的には骨髄移植から1年以内で50%の人が亡くなる確率で、そこから生き延びた人が5年以上生きるという結構、厳しい現実があります。
感染症で亡くなる方が多く、いつ命を落とすかもしれない不安があり、私もその戦いの渦中にあるということです。
再入院して2ヵ月、今年2月4日のことでした。トイレで用を足そうとして腰砕けのような状態になり、立ち上がることが出来なくなりました。
胸椎から腰椎にかけて、ほぼ全部の骨を圧迫骨折していました。背骨や筋力など、限界を超えていたのだと思います。体重も3キロほど落ちていました。

薬剤の副作用が原因

このとき、肺炎は治っていましたが、ステロイド剤の副作用で骨が弱っていたのです。
肺炎を治すための薬を朝晩、点滴で大量に投与していました。移植の後もステロイド剤を使っているので、1年の間に体がボロボロになっていた感じです。
背骨の殆どで、内臓側がグシャッと潰れて骨折していて、尾てい骨辺りまで痛みがあり、当初はビキビキする感覚で少し動くだけで激痛が走りました。
今は、大分痛みが取れて左右に向くことが出来ます。それでも座ることは無理で、ほぼ寝たきりの状態で過ごしています。
肺炎は治ったので点滴による投薬はなくても、それ以前に骨髄移植後に抗ガン剤や放射線治療など行っているので、総合的に骨が脆くなっていたということでしょう。
圧迫骨折について「手術とか出来るのですか?」と医師に尋ねたところ、「いや、出来ないです。骨が折れたら、あとは自然にくっつくのを待つだけです」との返答でした。
とはいえ、背骨がみんな潰れている感じなので元に戻るというより、固まるという方が適当なようで、それとて必ず治る保証はありません。

ビワエキスで温湿布

そんな状況ではありますが、とにかくビワエキスの温湿布をメーンに自分の手の届く範囲を入念に自己ケアしていきました。
自分の体温だけでも良いとは聞いていますが、やはり熱を加えればより効果的でしょう。
家族に使い捨てのカイロを買ってきてもらい、宛がいました。
ビワエキスを塗った後に温湿布すると痛みが和らぎます。
まだ、痛みが強かったときは半日くらいしか抑えられないので、1日2回塗って対処しました。
横向きの姿勢で右を向いては左の背中に、左を向いては右の背中に塗りました。
ゴリゴリの西洋医学の病院ですから、こんなことをするのは私だけですが、本当に癒されて体が楽になるのです。
ビワ温灸は全身のツボ、特に気持ちの良い箇所に当てています。
通常、ビワ温灸は40分を目安に行いますが、私は毎日2時間くらい行います。基本的にはお腹とかが中心ですが、全身が辛いので頭の天辺から足の先まで全部当てます。
当初の痛みのレベルを10とすれば、1ヵ月ほどで0〜1になり、今もキープしています。
今なおベッドの上の生活で自然治癒待ちの私ですが、痛みを和らげ、癒しをもたらすビワ療法の素晴らしさを日々、身をもって感じています。
闘病中の方もおられるかと思います。参考にして頂ければ幸いです。

◎びわの葉家
兵庫県尼崎市富松町1−29−20
TEL:090−4491−3868

◎「びわの葉家」の体験談は他にもあります。
『ビワと健康』  2017年4月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 圧迫骨折の痛みが軽減!
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入