娘のアトピーが改善した!

兵庫県尼崎市 びわの葉家 吉岡悠 代表

自然食のお店の2階に施療の空間として開設して1年余り、ビワ療法による顕著な改善例はいくつかありますが、今回は娘(6)のアトピー性皮膚炎について紹介させていただきます。

娘のアトピーの発症は赤ちゃんのときで、当時、ほっぺは真っ赤でした。
5歳でビワ慮法と出会い劇的な改善をしたわけですが、それまでは辛い日々を過ごしてきました。

症状は、顔をはじめ手首や肘の内側、胸、腋の横、膝の裏など殆ど全身に出ていました。
痒くても掻かないよう注意を払っていても、夜中のうちに掻きむしり、朝起きるとあちこち血まみれになっていて、本人は勿論、親として家内も私も悲しい思いをしていたのです。

皮膚科で処方されたステロイド剤は、塗ると一時的に症状は収まりますが、すぐに悪化を繰り返し、まるでイタチごっこでした。
このまま続けてちゃ駄目だ・・・。ステロイド剤からの離脱を図るべくホメオパシーや食事療法に取り組み、各種入浴剤等も試してみたりしました。
それでも、なかなか完治には至らず、なおも模索していました。

そんな中で出会ったのがビワ療法でした。
もとは私が体調を崩し、家内の勧めで神戸で体験したのがきっかけでした。
遠赤外線のビワ温灸は、とても温かく気持の良いものでした。また、ビワ療法の成り立ちや効能など、説明を聞くうちに凄さが 実感でき、早速、自分で当ててみることにしました。
自分に当てつつ、娘や家内にも当てました。
家庭で行うときのビワ温灸は、何といっても就寝前が一番です。
ビワ温灸の体に沁み込む柔らかな熱は譬えようのない心地好さで、リラックスしたまま眠りに落ちる感覚は、幸せ以外のなにものでもありません。

当時、5歳の娘も気持が良いらしく毎度、毎度、ス〜ッと眠りにつきました。
殆ど毎日、空けても1日で、2ヶ月ほど全身に当て続けました。
ビワ温灸の指導を頂いた先生から、症状の出ている部位には当てないよう注意を受けていましたが、ひどい部位は避けつつも、多少沁みて痛がることがあっても様子を見ながら当てていきました。
相手は子供なので、大人のようにキューッと熱くなる直前の”熱ギモ”までは行なわず、せいぜい5〜7秒でポイントを移すようにしました。

当時の当て方は、うつ伏せの姿勢で足裏から徐々に上半身に上がっていく方法でしたが、いつも頭に届くまでに娘は寝ていました。
こうして2ヶ月が経ち、気が付けば娘の肌はかつてアトピーだったことが判らないほどツルツルになっていたのです。
錠剤タイプのビワの種を併せて摂ったことも奏効したように思います。
毎日ではありませんでしたが、嫌がることなくよく食べました。
むしろ「美味しい、美味しい。ちょうだい、ちょうだい」とせがまれ「あまり食べすぎちゃあかんよ」と注意していたほどでした。
今現在、冬の季節に入って空気が乾燥すると時々掻いている姿は見ますが、肌は全く荒れていないので、一般的な乾燥肌と同レベルという感じです。
もしかすると、ビワ療法を始める前に取り組んでいた療法などの積み重ねもあって良い結果に結びついているのかもしれません。
いずれにしても、ビワ療法がアトピーの改善で大きな役割を担ったことは紛れもない事実で、その威力を実感しました。

◎びわの葉家
兵庫県尼崎市富松町1−29−20
TEL:090−4491−3868

◎「びわの葉家」の体験談は他にもあります。
『ビワと健康』  2014年12月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 娘のアトピーが改善した!
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入