骨粗鬆症に伴う痛みが軽減

千葉県千葉市 びわdeぽかぽか 白坂賀津子 代表

1年前に骨粗鬆症と診断された女性(79)はズキズキとした腰の痛みと首周辺のコリと張りが耐えられず、病院をいくつも渡り歩いた末に当サロンを訪ねてみえました。

娘さんに付き添われて来られたその姿は、痛む腰をかばって少し前屈みになっていたので長年の農作業で腰が曲がったお婆さんを連想させるものでした。

病院では「年齢による骨折だから・・・」と痛み止めの薬が処方されるだけで、治療らしき処置は何もなかったそうです。
しかも、痛み止めの効果は気休め程度。
服用したときだけ多少痛みは抑えられても根本的な痛みはずっと続いているとの話でした。

首周りのコリは原因不明で、これは1年前というよりももっと前からで、いつ発症したのか定かではありませんでした。
いざビワ温灸を始めると年齢からくる皮膚感覚の鈍さからか、確実に熱は浸透しているのに「まだ温まらない。もう少し、もう少し」と言われました。
皮膚反応を注視しながら限界の手前まで施術した結果、「のぼせるくらい温まりました」と言われ、さらに「痛みがなくなりました。首も楽になりました」と、とても喜ばれました。

症状が収まったものだから気持ちに余裕が出てきたようで、「あんたもやったら」と娘さんに勧めておられました。
首周辺は第7頸椎を中心に丹念に当てました。それというのも、首の真ん中からやや下、そのポイントに来ると「そこそこ、そこが気持ちいい」とおっしゃるのです。
腰は仙骨から「至室」のツボの間を丹念に当てさせて頂きました。
身体の背面だけでなく腹部などにも施術を施したので結構な時間を費やしました。

その甲斐あってか、症状はすっかり収まり、来られたときとは対照的に姿勢がシャキッとして普通に歩いて帰られました。
娘さんに、「もし痛みが発症するようならおみえになってください」とお見送りの際にお声掛けし、「分かりました」とのご返事でした。
今のところおみえになられないので、おそらく調子は良いのではないかと思っています。

◎びわdeぽかぽか(ご紹介はこちらです)
千葉県千葉市中央区新田町2−10 サイトービル癸魁檻毅娃
TEL:043−238−4056

◎「びわdeぽかぽか」に関する体験談

『ビワと健康』  2017年2月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 骨粗鬆症に伴う痛みが軽減
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入