更年期障害に威力発揮!

京都府向日市 マリーゴールド 谷川優子 代表

ビワ療法の活用により更年期障害の諸症状や不眠症、極度の便秘等を克服された女性(50)の事例を報告させて頂きます。

専門学校の講師をされているTさんが、初めて当サロンを訪れたのは昨年の春でした。
二人のお子さんはすでに成人しておられ、子育てに関わるストレスはさほどでないと思われますが、更年期障害の症状は深刻で常に全身にダルさを感じ、ちょっとしたことでもイライラして、夜も寝つけず睡眠薬が手放せない状態でした。
また便秘が酷く、お通じは3〜4日に1回程度で、救急車で病院に運ばれたこともあるほどでした。
さらには更年期障害の一つと思われるうつ症状もあり、「仕事を辞めたい」とおっしゃられ、過去に3回ほど休職されたこともあるとのことでした。
彼女の生活は朝が早く、7時50分頃には職場に到着していなければならず、それでいて帰宅は早くても夕方6時過ぎ、日によっては8時になることもあり、長時間労働を強いられていました。

学校の講師というお仕事柄かいつも気を張り、神経が高ぶってなかなか寝つけず、眠れなかった翌日はことさら辛いため、睡眠時間を確保せねばとの切実な思いから毎晩2種類の睡眠薬を服用されていたのです。
私はTさんが常用されている薬のことが気になり、知人の薬剤師さんに尋ねてみました。

その情報によると効き目が強い分リスクも大きいことが判り、飲み続けることは大変危険だと感じ、何としても睡眠薬無しで眠れるよう当サロンでの施術と併せ、生活面でもアドバイスさせて頂きました。
例えば、コーヒーは朝のみ1回。それ以外はビワ茶などノンカフェインのお茶にし、入眠の2時間前にはパソコンやスマホを見ないようにするなど、本当に基本的なことです。
しかし、いざ実行してみると習慣化していることなのでなかなか難しく、上手く眠れる日もあればあまり眠れず翌日辛くなってコーヒーに頼る日もあったりで、そんなときは昼食後までOKとし、あとはノンカフェインのお茶にするなど、完璧でなくても可能な範囲で努力して頂きました。

ビワ温灸とビワの種で便秘が改善

便秘については、来店初日はビワ温灸が奏功してか薬を飲まなくてもお通じがあり、それ以降はたまに薬に頼ることがあっても定期的な施術とご自宅でのケアでほぼ自然に排便できるようになられました。
具体的には便秘の改善例が多いビワの種(粉末タイプ)を朝夕、食前にスプーン一杯飲んで頂きました。
また、ご自身で時計回りにお腹をマッサージしたり、腹部や「三陰交」のツボなどを中心に温湿布やお灸をして頂きました。
週1回サロンにお越し頂いてお手入れさせて頂きましたが、ビワ療法とともにラジオ波温熱療法を施すこともありました。
これは非常に効果的で施術後、腸の動きが活発化して腹部全体が柔らかくなっているのがよく分かり、施術した日は1日2回排泄があり、宿便までもスッキリ取れたとのことでした。

朝の散歩、コーヒーを少なくする、体を温める、ビワ茶、ビワの種を摂取する。夜はストレッチなど軽めの運動をしてリラックスする。
そういう生活に切り替えて過ごされるうちに、いつの間にかぐっすりと眠れ、お通じも薬に頼らずに済むようになられました。
一番の課題であった更年期障害の症状、イライラ、疲れ、ほてり、うつ症状も当サロンでのお手入れ(リンパマッサージ、ビワ温熱、ラジオ波)でしっかり身体をほぐし、温め、リラックスして頂くことで改善し、「明日も頑張って行けそう」という嬉しいお言葉が頂けました。
因みにビワ温灸は、基本のツボ(全身的)と症状別のツボ(更年期障害)を中心にケアさせて頂きました。
初めてのご来店から3ヵ月で睡眠薬も便秘薬も不要となり、睡眠も排泄も正常になられて更年期の症状も全く感じなくなって、もちろんお仕事も精力的に頑張っておられ、「定年まで勤務する」と張り切っておられます。
あのまま辛い症状を抱え込み、うつ症状でお仕事を退職されたり、引きこもるようなことになっていれば、それこそ人生が全く違っていたかもしれません。
そんなことを考えると、微力ながら皆様のお役に立てているならとても嬉しく思います。

マリーゴールド(ご紹介はこちらです)
京都府向日市鶏冠井町稲葉14−10
TEL:075−922−1801

◎「マリーゴールド」に関する体験談
  • 待望の自然妊娠に貢献


  • 『ビワと健康』  2016年8月15日号)

    ※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

    「ビワの葉療法」の総合情報サイト
    『ビワと健康』 > 体験談 > 更年期障害に威力発揮!
    ※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

    ビワ商品の販売と購入