待望の自然妊娠に貢献

京都府向日市 マリーゴールド 谷川優子 代表

私のサロンは女性専用で特に婦人病や女性特有の不定愁訴に悩む方が多くいらっしゃいます。
中でも最近嬉しいご報告を頂いたCさんの体験をご紹介させて頂きます。

Cさんは、当サロンに2年前から通われるお客様の紹介でいらっしゃいました。年齢は32歳、結婚4年目でお勤めをされています。

そろそろ子供が欲しいと願われて産婦人科を受診されたところ、子宮筋腫(5cm)と右卵巣のう腫が見つかったそうです。
近いうちに妊娠を望まれていたので手術は避け、経過観察しながら不妊治療を続けることにされました。
ところが不妊治療開始から4ヵ月後の検査で、子宮筋腫はなんと6,5cmの大きさになっていたのです。
期待とは裏腹に筋腫が1,5cmも大きくなっていた事実にCさんは驚き、非常にショックを受けられたそうです。

後ほど分かったことですが、不妊治療で処方されたホルモン剤が原因だったようです。子宮筋腫は女性ホルモンをエサに生長するものなので、子宮筋腫がある状態での不妊治療は難しかったのかもしれません。
Cさんは不妊治療を一旦お休みされ、なるべく自然な形で妊娠できるよう頑張ることを決め、当サロンを訪ねてみえたのです。

卵巣のう腫が退縮

休日を中心に週2〜3回のペースでヨモギ蒸しやビワ温灸を受けられ、タイミングをみながら妊娠を望まれました。

Cさんが当サロンに通われ始めて3ヶ月が経過したときです。検診で卵巣のう腫が正常な大きさになっていたそうで、大変喜ばれました。
一方、子宮筋腫は大きさに変化はなかったようですが、子宮の辺りが柔らかくなって温かみが増し、冷えが改善して「生理痛がほとんどなくなった」とおっしゃっていました。
着実に体調は変化しているようでした。

そして・・・。通われ始めて4ヶ月が経った頃でした。
なんとCさんは待望の自然妊娠をされたのです。私も嬉しくて心から祝福しました。
今にして思えば、もしあのままの状態を続けておられたらホルモン薬の影響で子宮筋腫がもっと大きくなり妊娠ではなく手術を受けるような事態に陥っていたかもしれません。
そんなことになれば天地の差です。一度立ち止まって考えることの大切さを知りました。

Cさんは現在、妊娠後期に入り順調とのことです。

マリーゴールド (ご紹介はこちらです)
京都府向日市鶏冠井町稲葉14−10 阪急向日駅 東口より徒歩5分
TEL:090−8981−0169

◎「マリーゴールド」に関する体験談
  • 更年期障害に威力発揮!

  • 『ビワと健康』  2011年8月15日号)

    ※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
    「ビワの葉療法」の総合情報サイト
    『ビワと健康』 > 体験談 > 待望の自然妊娠に貢献
    ※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

    ビワ商品の販売と購入