痰切りにビワ温灸を活用

大分県大分市 ワールド・ポラリス 中村やよい 店長

痰がなかなか切れなくて辛い思いをされていた女性(85)が、ビワ温灸により劇的な改善がみられたのでご紹介します。

痰が切れなくなった明確な理由は分かりませんが、いくら痰を出しても常に喉にまとわりついていて取り切れた感覚がなく、夜も寝苦しくて病院にかかったそうです。
息苦しささえ覚える事情を訴えたところ、服用薬が処方されたといいます。

しかし、1週間飲み続けても全く効果はなく、さらに1週間分の薬をもらったものの改善の兆しが見られないため担当医に相談してみると、首をかしげて「それは仕方ないね」といった曖昧な返事しか貰えなかったということでした。
途方に暮れていた彼女の症状を細かく伺い、私は二つの療法の併用を提案しました。

一つはビワ温灸で、もう一つは市販されているレンコンの粉末を飲むことです。
レンコンは昔から喉に良いとされ、生のまま擦り下して飲んだりします。
粉末であっても同様で咳を鎮める効果が期待できますし、食品ですから飲む量も副作用も考えなくてすみます。
そのままでも、溶かして飲んでも構いません。

ビワ温灸は、もちろん苦しい患部に当てるわけですが、私はどのような症状であれ、基本的にまず腹部をしっかり温めるようにしています。
この方の場合はお腹に30分ほど当て、それから喉の周り、鎖骨と胸の辺りを温め、さらに背中の「肺兪」のツボ周辺を念入りに当てていきました。
当て始めて間もなく「すごく気持ちいい」と言われ、私もかなりの手応えを感じていました。

翌日、「うそみたいに良くなった。感謝で涙が出ました」とお礼の電話が掛かってきました。
たった1回きり当てただけですから、本当にビワ温灸の威力は凄いと実感します。
もちろん、良くなったからといってすぐに止めるのではなくレンコンも飲み続けて頂きましたし、さらに高麗ニンジンも飲むようになられました。
痰は完全に切れ、再発もされていませんが、「ビワ温灸があまりにも良かったから」と要望を頂き、もう一度訪ねて前回と同じ施術をさせて頂きました。
今回の改善例を通しても、やっぱりお腹を温めてからニーズのポイントを攻めるとビワ温灸は効果を発揮するなあ、と確信します。

◎ワールド・ポラリス
大分県大分市牧1−3−3 パークサイド岡村103号
TEL:097−547−8826

◎「ワールド・ポラリス」に関する体験談
『ビワと健康』  2016年3月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 痰切りにビワ温灸を活用