ビワと温熱マットを併用

大分県大分市 ワールド・ポラリス 中村やよい 店長

温熱マットとビワ温灸を併用することにより、諸症状の痛みが短期間で解消するなど、相乗効果を実感しているので紹介させて頂きます。

微量のラジウムを含む鉱泉が体に好作用することは広く知られていますが、うちで使用する温熱マットは、ラジウム系のセラミックが織り込まれた作りになっています。
これにはマイナスイオンやホルミシス効果があり、さらに遠赤外線を熱源としていることで体全体が温められ、血流を促進する働きに優れています。

この温熱マット自体、冷え症、神経痛、筋肉痛、循環器や消化器の弱い方などに有効ですが、遠赤外線のビワ温灸器を併用することで、いっそう効果が高められるのです。
仰向けの、リラックスした体勢で温熱マットの上に横になって頂きます。
時間は、30分です。全身がしっかり温まったところでビワ温灸を腹部や後背部、そして症状の現れている部位などに40分ほどかけてじっくりと当てていきます。
時間が限られている場合には、温熱マットの上でそのままビワ温灸を当てることもあります。
いずれにしても相乗効果が期待できます。

腰痛、シビレが改善

つい先日も、腰痛の女性(80代半ば)が来られました。毎日の、畑仕事の影響から腰がまっすぐに伸ばせない状態で、脚にも痺れを感じておられました。

腹部、後背部を始め、両脚の付け根、すなわち股関節や脚の表や裏にビワ温灸を丁寧に施していくと、終了時には腰をまっすぐ伸ばして歩けるほど痛みが取れて喜ばれました。
この方の改善は、腰痛だけではありません。
いざ施術に入ろうとしたところ、痛みの患部(ウエストから臀部の仙骨付近まで)の皮膚が真っ赤にただれていたのです。

うちに来られる前、病院を受診しておられましたが、湿布薬が処方され、それを貼っていた箇所が炎症を起こしていたのです。
「治療のための湿布なのにピリピリ、ヒリヒリしてもう貼れません」
痛みが取れないばかりか、皮膚の炎症を招いて別の痛みを発症しているとは、気の毒な話です。
ビワには鎮痛や消炎の作用があります。早速、ビワエキスを手のひらに受け、それを真っ赤にただれた部位に二度塗ってさしあげました。
ペタペタペタと塗っていくと、驚いたことに端から痛みが引いていき、あっという間に本来の肌色を取り戻し、痒みもきれいに収まったのです。
これほどまでに・・・。内心、私自身が驚いたほどの即効性で、そのままスムーズに施術に移ることが出来たのでした。
季節は暖かくなってきましたが、寒い時期、皆さん体に良くないと感じつつも一般的な電気毛布を結構使っておられます。
ビワ温灸とともに、相乗効果が期待できる質の高い温熱のアイテムを活用され、早期改善を図られることをお奨めします。

◎ワールド・ポラリス
大分県大分市牧1−3−3 パークサイド岡村103号
TEL:097−547−8826

◎「ワールド・ポラリス」に関する体験談
『ビワと健康』  2014年4月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > ビワと温熱マットを併用
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入