潰瘍性大腸炎が改善!

福島県いわき市 おおしまカイロプラクティック 大嶋日出男 院長

難病指定されている潰瘍性大腸炎の女性(38)が平成25年4月から年に4、5回来られています。
それというのも、この方は、福島の原発事故の影響でお子さん二人を連れて現在も新潟に避難しておられ、お正月やお盆、ゴールデンウィークなどに小名浜の実家に帰郷されるのです。

その際、うちに来られるのですが、初めて来られたときはお母さんのご紹介でした。
当初は、肩こりや腰痛の症状のみ告げられ、潰瘍性大腸炎の話はありませんでした。

あとでお母さんが来られ、「実はうちの娘は潰瘍性大腸炎なんです。下血と血便が出ていて、病院に通っているんです」と事情を話して下さいました。
難病の方が来られたときに私がお勧めするサプリメントがあります。
このサプリメントは免疫をコントロールする働きがあり、牛の初乳やニワトリから抽出した成分が含まれており、私の親戚でもガンが良くなった例があります。
サプリメントで大分調子は良くなっていますが、それでも時々下痢をしたり、血が混じることがあるそうで、帰郷すると必ず施術を受けに来られます。

ビワ温灸は、仙骨から背中、腹部と万遍なく当てていきます。
施術後は、体が冷えないとか、お腹の痛みが収まるといった改善が得られると言われます。
サプリメントを飲み始めたのは、初めて来られてから半年が経った頃からで、1日3錠服用すれば下血が起きにくいそうです。
難病指定の病気なので、ご本人によると1ヵ月に1回くらい病院で治療を受けていないと指定を外されてしまうそうです。
とはいえ、良くならないから民間の療法に頼らざるを得なくなっているわけで、そこがジレンマです。

余談になりますが、ビワ温灸は当てるのに時間がかかるので、ときに背中まで当てて終わろうとすると、「今日はお腹はやらないんですか」と彼女に指摘されてしまいます。
それだけビワ温灸を気に入っておられるのです。
うちでは経絡整体、整体法、カイロプラクティックを組み合わせ、その人にあった施術を行っています。
ちなみに、彼女の場合は、初めの3回はカイロプラクティックで頸椎、胸椎、腰椎、骨盤等、歪んでいる部位は全部矯正しました。

ただ、矯正しても必ず戻ります。悪い形を筋肉など体が覚えているのです。
なので、3回はくり返します。大体4〜5回で骨が落ち着いてきます。
次に、ビワ温灸を施し、そのうえで経絡整体を行う形を取っています。

◎おおしまカイロプラクティック
福島県いわき市錦町竹の花26−1
TEL:0246−62−5022

◎「おおしまカイロプラクティック」に関する体験談 『ビワと健康』  2015年11月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 潰瘍性大腸炎が改善!
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入