うつの施療にビワ灸を活用

福島県いわき市 おおしまカイロプラクティック 大嶋日出男 院長

うつ症状で16年間、心療内科に通ってこられた女性(37)が今年9月下旬、訪ねてみえました。
初めに電話で「私、うつなんです。夜も眠れません。何とかなるでしょうか」と問い合わせがあったので、「ともかく来て下さい」とお伝えしました。
16年間、抗うつ剤と睡眠薬が処方され、症状の悪化とともに強い薬に変えていき、それでも夜は眠れないとのことでした。

一通り伺って体の状態を診たところ頸椎の二番がひどく曲がっていました。
正面から見ると、首が右に傾いた状態になっているのです。
頸椎の五番も同じ方向に、また七番も同様の傾向が見られました。
加えて、腰です。骨盤が正面から見て左にかなりねじれていたのです。
手技で頚椎の歪みと骨盤のねじれを戻し、さらにビワ温灸を全身に施して初回の施術を終わりました。

2回目は3日後に来られました。その時には、全ての症状が消えていました。
どうやら病院では現れた症状にばかり対処し、歪みについては把握できていなかったようです。
念のため、再びビワ温灸を施しました。
2回目の施術が終わり、5日後に3回目の施術に来られたのですが、その間に心療内科にも行かれたそうです。
その際、初回時に私が話した内容をそっくりそのまま医師に伝えたそうです。
「あなたのうつは心から来ているのではなく、逆に体が悪くて心に影響を及ぼしているみたいです。体が整えば心のうつも良くなるはずですよ」
施術に入る前、私はそう話したのです。

初回の施術で効果を実感

実際、初回の施術で彼女の目つきが変わりました。
眠ったような状態からパッと目覚めたようにです。
医師にも明らかにその違いは分かるわけです。長年、担当していて、あまりの変わりようにびっくりされたそうです。
家族もそうでした。
「そんなウサン臭い所に行っていいのかよ」
父親も姉妹も否定的だったものが、帰宅した顔を見るなり「どんどん通ったら」と変わったそうです。
私の行なう手技は、ガンステッド・カイロプラクティックというもので米国の先生が開発した治療法です。
それに整体とビワ温灸を併用しています。
このカイロの技により歪みは1回で戻せますが、体は悪い形を記憶していて放っておくと徐々に歪んだ状態に戻ろうとします。

何回か手技をくり返すうちに体が正常化されてくるのですが、歪みの戻りを抑えるためにビワ温灸や整体を用いるのです。
無論、通常ではこのような併用はないので戻りが早くなってしまいます。
従って、ビワ温灸を併用すれば施術の回数自体も少なくて済むという利点があります。
彼女の場合、熱に過敏に反応しました。
初回時は、ビワ温灸器を当てて僅か2秒程度で熱いと言われました。
おそらく初回は、気持ちよい感覚は得られなかったと思います。
そもそも、発症の原因について彼女は交通事故を挙げました。
当時、20歳くらいの時に車で電柱に衝突し、助手席にいた妹はフロントガラスに頭をぶつけてガラスが割れたということなので、その衝撃の激しさを物語っています。
彼女も病院に担ぎ込まれたわけですが、打撲とのみ診断されたのです。
その時から辛い日々が始まり、前述の薬が処方されるだけの治療が続いてきたのでした。

それでも医師は良くなったことを喜び、「じゃあ、続けてやりなさい」と言ってくれたといいます。
彼女は独身で、「こんな重度で結婚なんで出来るわけない」と話していましたが、もし事故直後に適切な治療が受けられていれば、貴重な青春をもっと謳歌できたのではないかと気の毒に感じます。
結局、6回の施術でほぼ健康な状態に改善しました。
とはいえ、途中で多少の戻りは見られました。
だからこそのビワ温灸で、ひどい戻りは抑えられたと言えます。
彼女の日常をいうと、自宅療養し、家庭内の事を少しやれる程度で普通の生活がままならず、昼間でも横になっていたのです。
夜、眠れないぶん昼間横になってウトウトし、悪循環をくり返す日々。そんな調子なので、施術を予約した当日にドタキャンすることもありました。
夜になってから「すみません。寝ちゃってました」と電話が入るのですが、責めるわけにもいかず、「また頑張って来てよ」と励ますこともありました。
やはり、ビワ温灸で眠れるようになったことは非常に大きく、改善の鍵を握っていたと言えます。

統合失調症にも有効

統合失調症で、3年ほど通われている女性(58)がおられます。
この方は身体的には肩が少し凝り、多少腰痛がある程度ですが、ときに症状が悪化することがあります。
施術を始めて数ヶ月、突然、一人で歩けないほど具合が悪くなり、ご主人に抱えて来られました。
はあはあ、はあはあ、と息も絶え絶えでした。
二つの病気にかかり、ともにパーキンソン病と診断されたとのことでした。
どうしたものかと困りましたが、困ったときのビワ温灸です。
1時間近くじっくり当てていくうちに呼吸は収まり、通常に戻りました。
それ以降、状態は安定し現在は月1回通っておられます。
カイロや整体にはないビワ温灸ならではの癒しの効果は大きいと感じます。

◎おおしまカイロプラクティック
福島県いわき市錦町竹の花26−1
TEL:0246−62−5022

◎「おおしまカイロプラクティック」に関する体験談 『ビワと健康』  2014年12月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > うつの施療にビワ灸を活用
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入