ストレス性の硬直が改善

福島県いわき市 おおしまカイロプラクティック 大嶋日出男 院長

月3回、定期的にきちんと通ってこられ、健康維持に余念のない女性(80)がおられます。

現在、彼女がご自分の体のメンテナンスに熱心なのは、それなりの理由があります。
77歳の時、青天の霹靂ともいうべきトラブルに見舞われたのです。
同窓会当日の朝、幹事を勤めていた彼女が身支度をしている最中、突然、首に激痛が走ったのです。
かつて経験したことのない強烈な痛みで、電話機の前に置かれていた椅子に座り込んだきり立ち上がることが出来なくなってしまったのでした。

後頭部から首の付け根にかけて硬直し、頭は前後左右どの方向にも動かせず、そ〜っと歩き出そうとすれば、途端にズッキーンと頸部に激痛が走る状態だったそうです。
「何とかして下さい」
切実な電話を頂いたものの状況のあらましを伺いながら正直、私もどう対処すべきか思案しました。
無理に矯正は出来ないだろうし、揉んだとしても余計に痛みが増す可能性も考えられ、どうしたものかと困りました。
はたと思いついたのがビワ温灸でした。
とにかく急を要する事態でしたからビワ温灸器を片手に車に乗り込み、20分の道のりを駆けつけたのでした。

到着時、彼女は電話機の前の椅子にじっと座っていました。
突き刺す痛みに身動きが取れずパニックに陥った様子で、あまりの切なさに涙を流しておられました。
案の定、後頭部から首の付け根、肩周りがガチガチに固まっていて、すぐには手技を施せる状態ではありませんでした。
お話を伺うと最近家庭内で相当なストレスがあったことに加えて、同窓会の幹事として様々な手続きをこなすうちに知らず知らずプレッシャーを感じていたようで、精神的なストレスに起因する硬直であることが掴めました。
力仕事をしたとか慣れない運動をしたというような外圧による痛みと違って、こうした症状では安易に手技は使えません。
ストレスにより、自分で自分の筋肉を硬直させてしまっていたのです。
また、高齢でもあり、季節も夏から秋の変わり目で寒くなりかけていたことなどを考慮すると複合的要因が作用しているように思えました。
困ったときのビワ療法・・・。こうした手をつけにくい状況でも事情を選ばず威力を発揮してくれるのがビワ温灸です。早速、持参した遠赤外線のビワ温灸器で患部を中心に施術しました。

椅子に座ったままの姿勢で襟口を開きつつ肩から首にかけて僧帽筋や頭板状筋などに万遍なく当てていくうちに筋肉が徐々に緩んでいきました。
30分ほど当てた時点で触診により筋肉の弛緩を確認しました。
ゆっくりと頭を左右に動かしてもらいました。かなり痛みは軽減し、なんとか歩けるところまで回復されました。
この日、残念ながら同窓会の出席は断念せざるを得ませんでしたが、完全ではないまでも短時間で激痛から開放されたのでした。
2日後、2回目の施療を行ないました。ご自分で来られたのですから相当に改善は進んでいました。ビワ温灸で筋肉を緩めカイロプラクティックの手技で確認すると頚椎の骨がずれていることが分かりました。
実際、精神的なストレスが原因であっても骨が一瞬でずれてしまうことはあるのです。

もし、初日に固まった状態で力を加えていれば危険だったかもしれません。
手順を誤れば治るものも治らず、むしろ改善を遅らせてしまうことだってあり得るのです。
改めて筋肉が固まった状態では無闇に手技を施せないことを感じました。
この女性の場合、過去にもビワ温灸を二度ほど体験していましたから、抵抗なく受けられました。
ビワ温灸の気持ち良さは筋肉だけでなく心をほぐしてくれ、相乗効果で改善を速めてくれるのです。
この件を契機にビワ温灸とカイロプラクティックの併用は、私の施療の基本形態として、しっかり定着した感があります。
3回目で殆ど改善した彼女ですが、高齢なだけに腰が痛くなったり肩が凝ったりと相応の不具合は体のあちこちで生じますから、予防を兼ねて定期的に訪ねてみえます。

咽頭ガンの痛みを軽減

2011年に80歳で他界した義父は、10年ほど前から上咽頭ガンを患っていました。
脳の真下、鼻の奥の位置に腫瘍が出来ていて抗ガン剤や放射線治療を受け、半年間の入院生活を送った後、退院時には『余命1年』と宣告されました。
家ではビワ温灸とカイロプラクティックの手当を行ないました。
鼻の横など顔全体にビワ温灸を当てるととても気持ちが良いらしく、当てるたびに「痛みが取れる」とか「楽になる」と喜んでくれました。
義父の場合は、触ると後頭部の首の付け根、頸椎の1、2番がまるで石のようにガチガチに固まっていました。
とても異常な状態でしたが本人はそれが普通だと思っていたそうです。

余命1年と言われていましたが、6年半延命ができました。その間、ビワ療法による癒しがあったからこそ色々な思い出も作れたのだと感謝しています。
近年、ビワ療法は認知度を増し、実際には試した経験はなくても、どこかで話を聞いて『ビワは良いらしい』という印象を多くの人が持っています。
10代、20代の若い方にはあまり行なう機会はありませんが、中高年の方の施術では20〜30分、必ず併用しています。
とりわけお年を召した方ほどビワ温灸と手技の割合は、ビワの方が長くなる傾向にあります。
併用方法は色々試しましたが、ビワ温灸の”温めて緩める”特長から手技の前に行なうのが私のやり方となっています。

◎おおしまカイロプラクティック
福島県いわき市錦町竹の花26−1
TEL:0246−62−5022

◎「おおしまカイロプラクティック」に関する体験談 『ビワと健康』  2013年2月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > ストレス性の硬直が改善
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入