潰瘍性大腸炎にビワ温灸

和歌山県和歌山市 ビワの葉温熱療法 まつうら 松浦洋子 代表

潰瘍性大腸炎で病院通いしている女性(60代)がビワ温灸を併用した施術で改善が進んでいるのでご紹介します。

この方は前々から症状はありましたが、今春、人間関係が絡むちょっとした出来事から症状が悪化してしまいました。
色々な言葉の暴力のようなものがあって、精神的に大きなダメージを受けてしまったのです。

元々疲れやすく、以前から足のリフレクソロジーで時々来られていましたが、大腸炎の症状が出てきたのでビワ温灸をメーンにした施術に変えました。

主な症状としては、下痢、出血、腹痛で特に頻繁な下痢が目立っていましたが、最大の問題点はストレスでした。
人の言葉を恐れ、会話の途中でビクッとなったり神経質で、不安感が非常に強い状態が現れていました。

施術をしながら子供の頃に遡った話を聞いたり、時には「私もこんなことがあったのよ」と私自身の話を交えたりしつつ沢山会話を交わしました。
彼女と私は、性格が真逆です。彼女は気を遣い過ぎ、それゆえに相手が怒ったりすることもあるのに対し、私は思ったことを率直に口にし、たとえ嫌われても気にしないタイプなのです。
この私の性格や言動が彼女にとっては刺激となったようで「なんて面白いんだろう」と笑うことが増えていきました。
当初は、色んなことを考えて夜も寝つけなかったり、人と会うことも苦痛で限られた人としか会話が出来なくなっていました。
ビワ温灸は症状が出ている所ばかり追いかけるのではなく、全身の基本のツボに当てていき、そのうえで下腹部をしっかりと温めました。

「すごく温かくて気持ちが良い」と喜ばれました。
さらに背中に当てることで自律神経が整い、体も温まって不眠症気味だった状態からよく眠れるようになっていきました。
彼女から次第に弾けたように笑いが出てきて、ネックになっていた出来事自体も笑って話せるように変わりました。
その過程で、ご自分のとった行動を敢えて紙に記して頂きました。
本当は嫌だと思っているのに「よろしくお願いします」と言ってみたり、笑ってごまかしたり、逆に「ありがとう」とお礼を言ってしまったり。
結局、そうした対応が後々負担になってきたり、相手にすれば肯定してくれているものと勘違いして、さらに要求が強まることに繋がっていくわけです。

外側からはビワ温灸とリフレクソロジーで体を癒し、内側からは思考や感じ方を変えて心を癒し、外と内の両面で改善を図ったのです。
現在も傾向はまだ残っています。それでも「またやっちゃった」とか「また笑ってごまかしちゃった」とか、自身で傾向が掴めてきているのです。
施術を始めた5月当時は、引きこもり、いつも部屋着姿でしたが、最近はお化粧をされ、着飾ったり、趣味のガーデニングなどもされ、生き生きとした雰囲気に変わっておられます。
潰瘍も改善されてきて食べられるようになり、下痢も減り、それに連れて少し肥えてこられました。

彼女はまだ病院で検診を受けておられます。
病院の治療では、薬が処方される程度で、ゆっくりと話を聞いてケアすることは到底無理な話です。
しかし、家族だけでは堂々巡りに陥るケースが多く、私たちが出来る寄り添う施術が大切な役割を担っていると感じています。
彼女は現在も週2回の施術を続けておられます。

◎ビワの葉温熱療法 まつうら
和歌山県和歌山市善明寺727−146
TEL:090−4497−7253

◎「ビワの葉温熱療法 まつうら」に関する体験談

『ビワと健康』  2015年9月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 潰瘍性大腸炎にビワ温灸
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入