滲出性中耳炎が改善!

茨城県龍ヶ崎市 飯塚則子さん

子供の頃から耳の病気で、現在も大学病院に定期的に通われている男性(62)は、家畜の獣医さんです。犬猫など小型のペットとは異なり、牛や豚などが対象のお仕事なのでとても体力を要します。

冬は寒い場所での作業も多く、出産や予防接種などでは、ときに蹴られて怪我をすることもあったり、牛は定期的な爪切りが必要で、専用の器具を用いるものの縛りつけて横倒しにせねばならず、重労働を余儀なくされるといわれます。

職業がら肩こり、腱鞘炎、腰痛、風邪を引きやすいといったこともあるのですが、最も困っておられたのは、やはり耳の持病でした。
病名はお聞きしていませんが、病状から推測すると蔓延化した滲出性中耳炎だと思われます。

これまでに2回手術をされ、3年前には「また、ひどくなったら手術しかありませんね」と告げられて、『もう嫌だ』との思いが強く、ビワ温灸を試されたのでした。
主な症状は、耳の中にオリのようなものが溜まるというもので薬は処方されず、大学病院に2週間に1回通って掃除をしてもらう状態が続いていました。
患部が難しい場所とあって、そのことも手術を躊躇する理由になっておられたのです。

また、「ボ〜ッと耳鳴りがする」とも言われていました。
週1回のペースで始めたビワ温灸は、非常に気持ちが良いようで施術のたびにウトウトされます。
耳の周辺だけで20分、あとは日常のお仕事で負担の多い首や腰など、全身にトータルで1時間半程度当てました。

また、肺も検診で引っかかっているとのことでした。小豆大の影が映り、経過観察している状況だったので胸周りや胸腺に当て、お酒も召し上がる方なので肝臓の辺りにも当てるようにしました。
ビワ温灸を続けるうちに耳の中の滲出液の量が徐々に減ってきました。
初めは週1回の施術でしたが2週間に1回でも大丈夫になり、さらには3週間に1回でも大丈夫になり、2年が経過した今では月1回のペースになっています。
ビワの種を摂っておられることも奏効していると思われます。

残念ながら耳鳴りには変化はありませんが、もはや病院で手術の話は出なくなりましたし、奥様によると手の痛みを口にしなくなり、風邪もひかなくなって、頻繁だった下痢もしなくなっているそうで順調な改善が見られます。

リウマチと咳止め

リウマチの男性(70代)もビワ温灸を始めて症状が軽減しました。
月1回、病院で注射を打つのですが、痛みがないものだからつい忘れてしまい、1ヵ月半経ってから病院に行って注意されてしまうのだそうです。
リウマチの症状はそれほど重くないので、ビワ温灸は特に患部には拘らず腹部と腰部を重点に当てるようにしています。

また、この方は咳が止まらなくなって「今すぐビワ温灸を当ててほしい」と電話をされてこられたこともありました。
年齢も年齢なので、もし肺炎にでもなっていたら大変だと思い、病院での受診をお勧めしましたが、「医者に行っても咳止めしかくれないから行かない」とおっしゃるのです。
病院で処方される薬は強く、体に良くないと思い込んでおられました。

やむなくビワ温灸を胸腺から背中にかけて胸を中心に当てました。
お年寄りの方の場合、呼吸が苦しくなるのでうつ伏せではなく、横向きの姿勢で施術をしますが、一向に「熱い」と言われないのです。
非常に気持ちが良いようで、やがてゴンゴンという咳も収まってきました。
結局、1日置きに4回当てて完全に咳は出なくなり喜ばれました。

脚の痛みが軽減

他にも、脚が痛くてお葬式のお焼香で並んでいても立っていられないほどだった女性(61)もビワ温灸を3回行なって、普通に立てるようになられた例もあります。
彼女の脚が悪いことを知っているご近所の方から「どうしたの?」と尋ねられたことを嬉しそうに話して下さいました。
それというのも、整形外科はもちろんのことありとあらゆる治療院を渡り歩いてこられたわけで、信じがたい改善だったとのことでした。

喉の腫れには胸腺

私の娘(35)も甲状腺に異常があるわけではありませんが、疲れると喉が膨らむことがあります。
小さいうちに喉と胸腺にビワ温灸を当てるとスーッとひくので、自分から「ここに当てて」と言ってきます。

疲労回復で愛用

かくいう私自身、毎日ビワ温灸は欠かしません。
かつては棒モグサの施療院に十数年通っていました。
体が弱っている時は、皮膚も弱くなっているものだから、遠赤外線のビワ温灸と比べて棒モグサの方は熱さが一気にくる感じで、火傷をしてしまうのです。
正直なところ体中に火傷の痕がありますし、背中の火傷では皮膚科に通ったこともあります。
それでもビワ温灸なしには過ごせなかったわけですが、今は遠赤外線の温灸器ですから火傷の心配もなく愛用しているのです。

◎「飯塚則子さん」に関する体験例は他にもあります。
『ビワと健康』  2015年7月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 滲出性中耳炎が改善!