花粉症地獄から脱出!

茨城県龍ヶ崎市 飯塚則子 さん

花粉症でも比較的症状が軽い方は、ビワ温灸だけで鼻がスーッと通ることが多く喜ばれています。

ビワ温灸を行なうポイントは、下半身が冷えている方が多いので、まずは腰から当てていきます。

経穴でいうと「腎癒」の辺りから背骨の両側に沿って上がっていき、「肩井」や首の付け根に近い「瘂門」「天柱」、さらに花粉症のツボとされる「迎香」等に当てていきます。

また、目や鼻は耳にも通じているので耳の前側と耳の穴にも当てますし、もう少し症状が強く出ている方耳の後ろの部位にも当てるようにしています。
比較的症状の軽い方へのビワ温灸は大体こんな感じです。
しかし、症状が重い方の場合はビワ温灸だけでは難しい現実があります。
ある40代の女性は、昨年、鼻の穴にティッシュペーパーを丸めて詰めておられました。

目に症状は出ないものの四六時中鼻水が流れている状態で、お医者さんで処方された薬を服用し症状を抑えていてもそんな有様だったのです。
薬の副作用により昼間は仕事中に眠くなって困る半面、夜中は逆に鼻が詰まって口で息をせざるを得ず、喉はカラカラで慢性的な寝不足に陥るのです。
少しでも鼻が通らないからとメンソレータムを鼻の穴の内側に塗るなど涙ぐましい闘いを続けておられたのでした。

そんな彼女の長年に渡る”花粉症地獄”を救ったのはビワの種でした。
ビワの種の効用をお伝えし、今年1月初めからビワ温灸との併用を始めたのでした。
毎朝、粉末タイプのビワの種をスプーン一杯飲むだけですが、その威力たるや目を見張るものでした。
去年までのように薬に頼る必要は全くなくなりました。朝飲んでおけば夕方4時頃までは平気です。
もし効果が薄れて症状が出始めたとしても、さらに一さじ飲み足せば大丈夫なのです。
3月に電話で様子を尋ねた際も、少し鼻声ではありましたが信じがたいほど楽に過ごせていると感謝しておられました。

この女性は腰も悪く、以前、棒もぐさのビワ温灸で良くなった経緯があります。今は煙の出ない遠赤外線のビワ温灸器を購入され、週2回の割合で当てて快適に過ごされています。
私の娘も花粉症でくしゃみが数回出るとすぐにビワの種を飲んでいます。
やはり、前述の女性同様スプーン一杯飲んでおけば10分後にはピタリとくしゃみは止まります。

喘息、目まい、白内障

ビワ温灸での改善例もいくつかあります。

60代の女性は喘息発作が出ていました。ゼーゼーと喘息がひどく、うつ伏せの姿勢を取るだけで咳き込んでおられました。
基本のツボに沿って腰からじっくりとビワ温灸を当てていくと次第に喘鳴は収まり、1時間ほどで普通の状態に戻っていました。
これには周りの皆さんも驚かれたそうです。併せてビワの種が奏効してか花粉症のくしゃみも出なくなったとのお話でした。

実は私自身も肩こりと偏頭痛で苦しんできました。棒もぐさのビワ温灸に10年ほど通い、自宅でも当てて偏頭痛で倒れる寸前のところを何度か助けてもらっているのでビワ療法の良さは十分に分かっています。

昨年、遠赤外線のビワ温灸と出会い、講習を受けて実践を積み、指導員の認定を受けました。
認定を受ける際には、一日講習と指導員講習で合わせて70名にビワ温灸を当てるという条件があり、身内や友人、知人の体を借りました。
この間にも肩こりや腰痛、目まいなどが改善される体験をしました。
目まいのあった方のときは、「今目まいがしているからすぐに来て」と頼まれて出かけて行き、翌日には「スッキリしたわ」と喜ばれました。

白内障で今年3月に手術が予定されていた80代の女性は、1月から始めたビワ温灸が奏効してか進行が止まっているらしく、医師から「手術はしなくても大丈夫かな」と言われ、7月分まで点眼薬が処方されたのです。
この方の場合、血圧も関係していたので目の周り同様、肩甲骨周辺にも丁寧にビワ温灸を当てました。
ビワ温灸はとても気持ちが良く、ビワ温灸を受けるたびに日ごろ曲がり加減の背筋も真っ直ぐに伸びるとのことです。
皆さんの改善されていく姿は嬉しい限りです。私はまだ駆け出しですが、多くの人に喜んで頂けるよう頑張りたいと思います。

◎「飯塚則子さん」に関する体験例は他にもあります。
『ビワと健康』  2012年4月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 花粉症地獄から脱出!
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入