火傷にはビワエキスが有効

茨城県龍ヶ崎市 飯塚則子 さん

私の姉(65)は昨年1月、手の甲全体に熱湯が掛かり、かなりの火傷を負ってしまいました。
痛みがひどく、流水で冷やしても寝ることが出来ないので、保冷剤を当てて休んだと言います。

翌日のお昼、私は知らずに訪ねました。
ポケットに不自然に手を入れている姉の姿を見て、「どうしたの?」と尋ねると、火傷をして痛くて仕方ないからポケットに保冷剤を入れて冷やしているとのことでした。

すぐに私は「何でビワエキスを塗らないの? ビワの葉の焼酎漬けを沢山作ってるんだから塗ったらいいじゃない」と言ってエキスの容器に左手を丸ごと突っ込ませました。
ただ塗るのではなく、しっかり浸けさせたのです。
30分ほど浸けて取り出すと、火傷をして丸1日が経過していましたがヒリヒリとした痛みが完全に取れていて、姉はビックリしていました。
その後は時々、スプレーで掛けて対処しました。

ところが、仕事でビニールの手袋をして作業して今度は皮が剥けてしまったのです。
皮が剥け、治りかけてはまた剥けるのを2、3日繰り返していたので、私は漢方薬店で紫根(しこん)という火傷に効く薬を処方してもらってきました。
その真っ赤なクリームをビワエキスを塗った上から重ねて塗り、繰り返すうちに水ぶくれになっていた皮膚はキレイになり、病院に掛からずに完治してしまいました。
ひどい火傷だったので、さすがに痕が残るだろうと思っていましたが、跡形なく回復し、姉も私もビワの威力を再認識しました。

鼻中の湿疹や腰痛も

姉は、ほかにもビワに助けられています。
鼻の中に湿疹のようなものが出来、それがかさぶた状になって詰まっていたのですが、ビワ温灸を行なうとかさぶたが取れ、鼻通りもスッと解消するのです。
また、もっと前に腰を痛めた際にも1回のビワ温灸で歩けるようになった経験があり、姉はビワ療法の良さを実感しているのです。

虫刺されで即効性

ビワエキスでは、虫刺されでも改善例があります。
うちに来られた植木屋さんが、運悪く蜂に刺されてしまいました。
すぐに私はビワエキスを塗ってあげました。
その日の剪定作業を終えて帰られた植木屋さんは、翌日来られるなり「昨日塗ってもらった薬はどこで売ってるんですか」と尋ねてこられました。
私の作るビワエキスは、瓶の口までビワの葉を漬け込むので通常より濃いものですが、基本的な作り方をお教えしました。

頸椎骨折、筋断裂

義兄(65)もまた、ビワ療法に助けられています。
8年前、屋根からの転落事故で頸椎骨折という大怪我を負いました。
以来、首は固定されたまま動かすことが難しく、しょっちゅう頭痛がして生あくびが出てしまうのです。
そこでビワ温灸を当ててあげるとス〜ッと楽になるので喜ばれます。
遠赤外線のベッドも愛用しており、最近は調子が良くて仕事が出来るようになっています。

義兄は、ほかにも改善例があります。
ふくらはぎの筋断裂を起こした時のことです。
接骨院にかかり、3日間は冷やす治療でした。その後、温める治療に入り、姉から「温める段階になったからビワ温灸してあげて」と声が掛かりました。
痛めた患部に毎日のように当ててあげるうちに痛みは和らいでいきました。
私の施術は、痛みの部位だけでも40分〜1時間をかける徹底したものです。
その結果、義兄は10日目にはマニュアル車で茨城県から栃木県まで運転して行けたのです。
これにはお医者さんも驚いて、「10日やそこらで治るものじゃない。一体、何をやったんですか?」と聞かれたとのことでした。
施術の最後は必ずビワエキスを塗ってあげるようにしています。

腸の癒着の痛みも

また、私の姉は過去に腸を切っているので時々癒着して腹痛を訴えます。
3月のある日、朝6時ころ電話が入りました。
死にそうな声で「夕べからお腹が痛くて。もう起きてるならうちに来てビワ温灸やって頂戴よ」と。
今までも何度も繰り返しているし、お腹だって切っているのだから病院での受診を勧めましたが、「医者に行っても痛み止めの薬と点滴しかないから・・・」と言うのです。
やむを得ずビワ温灸を行なうと20分ほどで「あ〜、やっと声が出せるようになった」と感謝されました。
ビワ療法は多くの方に喜ばれていますが、私の場合は、私を筆頭に身内が助けられているのが実情で有難く思っています。

酷い膝痛も改善!

膝痛で毎日のように接骨院に通っていた女性(70代前半)は、転倒して手首を骨折してしまいました。
入院してベッドで寝たきりの状態で過ごすうちに膝痛は増し、一層動きにくくなっていったそうです。
退院後、試しにビワ温灸を受けられたのですが1回では改善が見られず、再度入院されました。
病院でいくつかの治療を試みるも痛みは取れず、退院後に電話があって、もう一度ビワ温灸を行なうこととなりました。
ご本人が指摘する患部を中心に腰から下肢全体を施術していくうちに徐々に改善が進みました。
1回の施術には2時間を費やしました。

週2回のペースで続け、3週間ほどでつたい歩きが可能になり、1ヵ月後には庭に出て洗濯物を取り込めるようになり、1ヵ月半で庭にしゃがんで草取りが出来るまで改善しました。
結局、最後まで痛みが残ったのは腰でした。
施術時、腰に反応が強く出ていたので睨んでいましたが、やはりそうでした。
よく話を伺ってみると以前から腰に痛みがあり、さらには膝同様、右足に外反母趾の症状があってテーピングをしていたのです。
つまり、外反母趾の痛みをかばって腰に負担が掛かり、引いては膝まで痛めていたわけです。
連動した膝痛なので患部のみのアプローチでは完治しにくかったのです。

◎「飯塚則子さん」に関する体験例は他にもあります。
『ビワと健康』  2015年6月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 火傷にはビワエキスが有効
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入