乳ガンが2年で完治した

東京都世田谷区 陽夏堂治療院 秋場道郎 院長

経絡治療と食事療法、そしてビワ療法の三つを真剣に取り組み、見事に乳ガンを克服した女性(50)の症例を紹介します。

この女性は専業主婦で、たまたま受けた健康診断で左胸の内側の位置に腫瘍が見つかりました。
何となく違和感はあったそうです。しかし、多くの人がそうであるように『まさか自分が乳ガンになるわけない』と楽観していたといいます。

放射線治療を受けていましたが、さらに乳房の切除を勧められたそうです。
不安になり別の病院を受診してみても、そこでもやはり同様に手術を勧められたのでした。
女性のシンボルである乳房だけに「どうしても切りたくない。死んでも嫌」と葛藤する彼女の姿を見て、義理のお姉さんが当院を紹介したのでした。
義理のお姉さんはかつて当院で治療を受け、改善した経験があったのです。
「手術は絶対に嫌なんです。何とかなりますか」と聞かれたので「どれくらいで治したいんですか?」と尋ねました。
「1年でも、2年でも、3年でも、とにかくなるべく早くです。そのためなら何でもします」との返事でした。

ガンを本気で治したいという人に私が指導する食事療法は、正食医学です。
私自身も実践者ですが、これはかなり厳しい玄米菜食です。
生半可な気持ちでは出来ませんが、彼女はきっぱり「やります」と答えました。
また、鍼による経絡治療は、週2回くらい必要で、「毎週来れますか」と尋ねると、金銭的事情も鑑みて「週1回なら間違いなく来れます」との返事でした。
さらに、「サポートとしてビワの種(錠剤タイプ)が必要ですが飲み続けられますか」と尋ねると、それにも「続けます」という返事でした。
食事療法、鍼治療、ビワの種・・・。彼女は三つの条件を全て呑みました。
しかも、「病院の治療を続けないとリンパに転移するよ」と釘を刺した医師の言葉を振り切って、自ら病院の治療を放棄してしまったのです。
退路を断つような形で、2年間やりきって治したのです。私も内心『大した根性だな』と彼女の意志の強さに感心しました。
ちなみに私が行なう経絡治療は、患部には一切鍼を打ちません。
ここでは詳細を省きますが、大体は肘下、膝下を用いることで解決出来ます。
肘下、膝下の2、3ヵ所に鍼やビワ温灸を施していくと「何をしたんですか、お腹が温かいです」とか、「なぜだか胸が温かいです」となります。
そして、チェックは腹部で行ないます。
ビワの種についていうと、うちでは他のビワ商品とともに10年以上扱っていますが、きちんと飲み続けた人は結果が出ています。
それと正食治療を始めるといわゆる瞑眩(めんけん)が現れて、一時的に体調を崩すことがあります。体の奥の不要物が表に出てくる現象ですが、ビワの種を飲んでいると症状が軽減され、排泄を助けてくれるのです。

さて、彼女の改善の経過ですが、正食治療により食事制限をしたので3〜4ヶ月目からドドーンと痩せました。
もとは中肉の方ですが、ガリガリのイメージになりました。勿論、痩せることは初めに話してありますから本人は周りほど驚きませんでした。
通常、5〜6ヶ月で再び肉が付き始め、10〜12ヶ月で安定してきます。
ちょうど、その頃でした。患部に吹き出物が出来て、やがてアトピーのように汁が出始めたのです。
汁は3ヶ月ほど出続けましたが、その臭いたるや尋常ではありません。
表現は不適切かもしれませんが、動物が死んで腐敗が進んだ時の死臭によく似ているのです。
下着が汚れるし、周りからは「臭い」と敬遠されるしで、「どうしてこんなに臭いのよ」と感情的になったりもされました。
私にすれば想定の範囲内ですが、一般的な観点だと激痩せし、患部から腐敗臭を伴う汁が出続けている状態ですから治癒に向かう過程とはとても理解出来なかったと思います。

流れる汁の対策として、イモパスタをお勧めしました。イモパスタを行なうと痒みや気持ち悪さがとれます。ただ、それも一時のもので、すぐにジュグジュグしてくるためショウガ湿布で対処し、我慢して頂きました。
汁が完全に出なくなるまでは、4ヶ月ほどかかりました。
その間、買い物に出かけるのも躊躇されたほどで、寒い時期だったから隠せたけれど夏場だったらもっと大変なことでした。
施療を始めて1年以上が経ち、吹き出物はまだありましたが、肌の感じが明らかに変わってきました。
玄米菜食をしている人に共通することですが、肌のキメが細かくなってきたのです。
実年齢より10歳くらい若々しく、改善が確実に進んでいることが感じられたので再三、病院でのチェックを勧めました。
ご本人も良くなっているのは分かっているけれど、万が一のことを考えて覚悟が決まらない様子でした。
ようやく覚悟が出来、検査を受けたところ腫瘍は完全に消えていました。
彼女は病院を出るや否や電話をかけてきました。
「無いの。ガンが無いの。ウソみたい!!」
その興奮した報告に私も嬉しくて「ホントに?良かったね〜。何でも好きな物を食べていいよ」と応えつつ、同時に肩の荷が下りた気がしました。

かつてステージ沓舛世辰織ンは繊維化し硬い筋肉のようなザラザラしたものに変化していました。
彼女は完全に病気と縁を切りたいからと今もビワの種を飲み続け、当院にも2週間に1回通っています。
食事については「食べたいものをどうぞ」と任せてありますが、やはり玄米は止められないそうです。
副食は家族とほぼ同じに戻しているけれど、もう肉は食べられなくなり、魚も大きい魚はまずく感じ、鰯や鯖、秋刀魚など小さめなものが美味しいそうです。
正食を実践すれば体が悪いものを受け付けなくなる。
そういうものです。

◎陽夏堂治療院
東京都世田谷区太子堂4−3−2 ハイム太子堂2F
TEL:03−5481−9190

◎秋場院長より寄稿 ◎「陽夏堂治療院」に関する体験談 『ビワと健康』  2013年6月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 乳ガンが2年で完治した
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入