寄稿・ビワ療法は《同化》の強力サポーター

陽夏堂治療室 秋場道郎 院長

治療する側、受ける側いずれにせよ、ビワに共通点を持つものがここにいます。

一般に、私は糖尿だ、リウマチだ、ガンだと肉体の不調を公表するのは何とも無いものの、世間で私は気違いだとか、貧乏だとかを公表するのは、いけない空気があると思います。
けれど、肉体の異常は自然療法を行なっているものが熟知しているように、それは自然の異常です。
自然のルールから外れるからこそ肉体に異常が起こっているわけであり、肉体だけが異常な訳が無いと考えます。

精神、肉体、対人関係、経済が関連して異常になっているのではないでしょうか。
因果応報というかすべての事柄に、原因と結果があると考えます。
自然を観察し自然のメカニズムを辿って行くとそれが見えてきます。
ビワの四つの効能が、このメカニズムの中でどう活用されているかになります。

まだ、未熟者ながら分からない点が多いのですが、免疫学の中で十分解明されていない部分があります。
それは同化です。
その働きに、ビワの特性である血液浄化、消炎、殺菌は強力なサポーターになっていると考えます。

体外から体内に異物が入り消化吸収されて人は生きています。
この消化吸収の間に、異物をその肉体に適合するように、変化させる役割である同化が行われたなら結果として水捌けは良好となります。
もちろん他のメカニズムも大切ですが水捌け、つまり排泄が十二分であるなら、病気の9割は治せることになります。
自然のルールに戻せることにもなります。

患者さん達は、害なく、無理なく楽になる、そして治れば良いのであって治療する側はそれをスムーズにナビゲートするのが仕事だと思います。
だからこそ原因と結果、言い換えるなら原因という田んぼに患者という苗を植え、収穫物という結果を出す、つまり田んぼが肥沃で環境が良好ならば苗は台風や害虫に負けることなく、自然と豊作になってきます。

肉体を肥沃で内部環境を良好にする為に、ビワが活用される訳であり、ビワに関心を持つ方は、色々な他のものを過去体験していると思います。
ということは、商品や治療法が良い悪いでは無くどういう状態が自然のルールに適合しているか、その為にはどうある必要性があるのかを提示するのが医療者だと思います。
すると患者さんが自ら方向、選択出来るようになってくるので対応しやすくなると同時に、無理なく実行しやすくなってきます。

本来、ビワに集まるという事は治療に年月が掛かっているか、日本の医療に不信を抱かれている方だと思います。
陽夏堂では保険取り扱いをしない自由診療です。
その為、患者さんは嘘を言わず本音できます。小生は頭の痛いことが多いです。
だからこそ、都合の良い悪いを含め正直に接しています。

すると患者さんも都合の良い悪いを話してくれるので、近道となる改善法の提示も出来ます。
当然、無理なく確実に実行出来るものしか本人はしないので、それが重なれば結果は出ます。

患者さんだけでなく、人は皆ラクで楽しく好きな事をして生きていたいと願っていると思います。それを妨げる諸々を、取り除く為に手段があり私の仕事もあると思っております。

◎陽夏堂三軒茶屋治療室
東京都世田谷区太子堂4−3−2 ハイム太子堂2F
TEL 03−5481−9190

◎「陽夏堂三軒茶屋治療室」に関する体験談
『ビワと健康』  2004年6月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 識者に聞く > 寄稿・ビワ療法は《同化》の強力サポーター