耳鳴り治療に有効活用

東京都世田谷区 陽夏堂三軒茶屋治療室 秋場道郎 院長

ビワ温灸は当てるポイントを間違わなければ良い反応が得られ鍼治療を補完する形で様々な症状に対応することができます。

例えば、胃ガンや大腸ガンなど手術後のケアに有効です。手術で体にメスを入れると肉体のバランスが崩れ、免疫力も低下して不定愁訴が起きてきます。
胃ガンで胃を3分の2切除した50代の男性は、ダンピング症候群に苦しみ当院に来られました。
倦怠感、食欲不振、吐き気、足が重い、目まいがする等々の症状で相当に参っておられました。

この方は、2週間続けて通われましたが、ビワ温灸を始めて3日目でご本人が改善されつつあることを実感され、「調子がいいです」と語られ、それ以降順調に回復されました。

また、26歳の男性は、バイク事故による後遺症で耳鳴りを訴えて訪れました。事故に遭ったのは昨年6月、左肩や頭部の打撲等で入院したそうです。
退院後、後遺症として耳鳴りが残り、近くの鍼灸院に通ったそうですが改善せず、事故から8ヶ月が経過した今年1月末、インターネットで当院のことを知り訪ねたとのことでした。

当院では、鍼治療ビワ温灸による「難聴」「耳鳴り」の改善例が多く、いつしか私も得意とするようになりました。
まず、症状を抑えることが先決と考え、鍼で反応を取り、その場で耳鳴りを抑えました。
無論、1回の鍼治療で耳鳴りが治るというわけではありませんが、一時的でも症状がおさえられることで回復への希望が湧いてくるというものです。

耳鳴りには、耳を塞ぐとキーンというように聞こえる高音域と、グワーンというように聞こえる低音域とがありますが、比較的短期間で改善するのは低音域の方です。
この男性は、低音域でした。冒頭、ビワ温灸は使い方を間違わなければとても有効と述べましたが、このケースでは下肢の腎経や背中投を取穴しました。
通常のパターンだと鍼で耳鳴りを抑えても4、5日経つと症状が出てきますから、完治するには定期的な治療が必要となります。
この男性は、3、4日に1回鍼治療を受け、自ら購入したビワ温灸で私が指導したツボに毎日当てています。
ビワ温灸を始めて体力もついてきたそうで、「これ、良いですから」とすっかりビワ温灸の良さを実感している様子です。

ほかにも改善例をあげればきりがありませんが、やはり術後のリハビリや更年期障害などの不定愁訴にビワ温灸は有効です。

◎陽夏堂三軒茶屋治療室
東京都世田谷区太子堂4−3−2 ハイム太子堂2F
TEL 03−5481−9190

◎秋場院長より寄稿 ◎「陽夏堂治療院」に関する体験談
『ビワと健康』  2004年4月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 耳鳴り治療に有効活用
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入