夫の病をビワ温灸でケア

茨城県北茨城市 鳥居塚整体院 鳥居塚信子 代表

ビワ療法で私も主人も飛蚊症が改善した体験があり、友人や知人でも色々な症状の改善で報告させて頂いたことが何度かあります。

私どもの年齢になると寝つきが悪かったり夜中に目が覚めたりしますが、枕許には温灸器が置いてあり、交互に当てている状態です。気持ちが良くてスーッと眠くなり重宝しています。
ビワ療法のお陰もあってここ数年は平穏に過ごして来ましたが、昨年は少し事情が違いました。

5月、主人(74)が肝臓ガンを患っていることが判明したのです。
きっかけは、先立って行なった心臓疾患の治療によるものでした。
3月に心臓の具合が悪くなり、検査を受け急遽血管を拡げるステントを挿入する必要が出てきたのです。
すぐにステントを入れるべきところ、貧血が理由で3月は見送られ、5月に延期されました。
5月、再び貧血を理由にステントは出来ないと言われてしまったのです。
おそらく、肝臓ガンが影響を及ぼしていたのだと思います。しかし、その時点ではまだ理由は分かりませんでした。

主人が幼い頃から見て下さっている看護師さんから「ご主人の貧血が治るのを待っていたら一生治療出来ないわよ。小さいときから体が弱くて輸血してたのよね。20歳まで生きられないだろうって言われてたんだから・・・」と助言を頂きました。
その言葉を聞き、これは是が非でもと主人と二人で主治医にお願いしました。
「無理するとまた輸血するようになりますよ」
主治医には釘を刺されましたが、入院して手術を受けることが出来ました。
幸い心臓の治療は順調に進みました。
偶然、このときの検査で消化器の医師が肝臓ガンを見つけて下さったのです。
実は、主人はC型肝炎を患っています。状態が落ち着いていたことから、ここ5〜6年は治療をしていなかったのです。
医師からC型肝炎の治療の必要性を説明されました。

ところが、心臓の治療を担当した医師から「ステントを入れたので肝臓の手術は出来ません」と言われてしまったのです。
やむを得ず抗ガン剤をカテーテルで直接肝臓に注入し、ガンが周りに散らないようにする治療法が採られることになりました。
この治療は、極最近用いられるようになった画期的な方法とのことです。
平成7年からC型肝炎の改善を期待して蓮見ワクチンを受けてきましたが、医師には分かるようで「随分、お手入れをしている体ですね」と指摘されました。
ビワ温灸も当てていましたが、肝臓ガンを患っているとは思わなかったので全身的に当てていました。11月からは、肝臓の患部周辺にもよく当てるようにしました。
抗ガン剤は何度も行なう必要があり、8月と11月に入院し行ないました。
病室で隠れてビワ温灸をしていましたが、ある日、看護師さんが「ワァ〜ッ、良い臭いがする」と入ってこられました。
てっきり注意されるものと覚悟しましたが、「隠さなくていいですよ。好きなことをやって下さい」と容認して下さいました。

8月の検査時、私の夫は「腎臓にもガンが出来ている」と告げられていました。以前お世話になった大学病院で検査を受けたところ、何か出来ているけれどガン細胞ではないことが判明しました。「これほど丸くてキレイなガンはない」という見解で、時々検査をすれば良いとのことでした。
現在の主人は顔色も良く、腎臓や肝臓にも毎日欠かす事なくビワ温灸を当てています。かつて長くは生きられないと言われていたものの後期高齢者の仲間入りも間近となり、毎日元気に過ごしています。

鳥居塚整体院
茨城県北茨城市関南町仁井田445
TEL:0293−46−1213 携帯:080−5505−3747

◎「鳥居塚整体院」に関する体験談

『ビワと健康』  2013年3月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 夫の病をビワ温灸でケア
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入