温熱効果で不妊症を克服

兵庫県加古川市 健康物語 矢場田麻希 さん

アトピー性皮膚炎の悩みを抱えながら不妊治療を行ってきた女性(40)が、待望の妊娠に至った症例をご紹介致します。

この方は、これまで病院に通って人工授精による治療を受けてこられました。しかし、二度流産を経験され、年齢的にも限界が近いことから医師の判断によって最後の手段として体外受精に臨むことになったのでした。

うちにはアトピーの改善と妊娠を希望して来られたので、ビワ温灸を背中やお腹周り、腰周り等を中心に施しました。大人になってから発症したというアトピーですが、症状の範囲は全身的で短期間でどうこうできるほど簡単な状況ではありませんでした。もともと幼い頃からアレルギー体質だったそうです。
長年患っておられますが、断食道場に行かれて、ある程度解毒ができて症状が落ち着いた一時期もあったそうです。しかし、残念ながら再発して今日に至っているとのお話でした。

現状は、ステロイド剤を絶っておられるせいか全身がガサガサとして皮膚に刻まれたシワも深く感じられます。
季節によって皮膚の状態が悪化したり、痒みが増幅したり、はたまた収まったりと、アトピーの改善に関していうと容易ではない状況ながら、ビワ温灸を通じて改善を図り始めたことで、まず妊娠の朗報を聞くことになったのです。
ビワ温灸を行った回数はさほど多くありませんでしたが、やはりポイントは体を温めたことにあったようです。
この方に限らず、妊娠を希望される方や子宮筋腫で来られる方など皆さん体が冷えていて、いつもアドバイスをさせて頂いています。
出産に向け、現在はご自宅での肌の保湿ケアと体を温めることに努めておられますが、無事に出産されればアトピーの改善も進めていけると思っています。

この方と同様に最後の手段として体外受精を行った女性(30代後半)がおられます。
不妊治療を7、8年続けられたことで、うちに来られたときは妊娠を期待する半面、ほとんど諦めてしまっている印象さえ感じられました。実際、「不妊治療を何回やっても無理だった」とこぼしておられました。
ビワ温灸を行う際には、私は体を温めることの大切さを具体的にアドバイスさせて頂きます。
家庭でできる方法として湯たんぽなどを使ってお腹やお尻、腰など下半身を温めて頂きます。
但し、単にアドバイスしただけでは駄目です。
来られるたびに「ちゃんとできていますか?」と尋ねてチェックし、できていることを確認したうえで次の段階の内容を少しずつ加えていくのです。こうして習慣づけることができてこそ、冷えの改善に繋がるのです。

最終的に妊娠に至るかどうかは分かりませんが、妊娠も一つの過程と捉えて頂きます。
妊娠だけが全てではなく、体を温めて免疫力を上げていき、排卵を促し、体調を整えてキープしていくのが狙いです。
このような方針をお伝えすると皆さんが口を揃えるのは、病院で不妊治療をしていても体を温めることの指導は全くなかったということです。体を冷やしちゃ駄目とは言われるけれど、具体的にどこをどう温めたら良いという話は皆無なわけです。

「湯たんぽは持っているけれど冬しか使っていませんでした」といった声を度々耳にするのです。
夏場の冷えも大敵で、それを意識して頂いたことでの影響も大きかったのではないかと感じています。
流産を経験された方は妊娠されると慎重です。前例が怖くて安定期に入るまで黙っておられるのです。
しばらく来られてないな、と思っていると電話が掛かってきて、弾んだ声で「やっと安定期に入りました」と報告して下さいます。
安定期に入った途端、連絡を頂いた方が何人かおられ、そのたびに私も心の中で「やった〜」と叫んでしまいます。
皆さんが切実な思いで頑張っておられることをよく知っていますから、本当に嬉しくなります。

◎健康物語(ご紹介はこちらです。)
兵庫県加古川市加古川町溝之口93−14
TEL:079−427−3655

◎「健康物語」に関する体験談 ●「健康物語」のホームページ
ビワ温灸とその他のメニュー
心理療法とビワ温灸

『ビワと健康』  2012年11月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 温熱効果で不妊症を克服
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入