睾丸ガンのケアにビワ療法

神奈川県川崎市 香取館 岡本透 代表

我が社の社員の息子さん(30代前半)が睾丸ガンを患って昨年10月、入院しました。

直ちに睾丸の摘出手術を受けましたが肺に転移が見つかり、抗ガン剤治療を始めたものの担当医から「年を越えられるかどうか」と言われたそうで、お父さんは「自分より先に息子が死んでしまう」と涙をこぼし、途方に暮れていました。
私もこの息子さんのことは生まれたときから知っています。

睾丸ガンの生存率は比較的高いとされているので、もしかすると担当医がしっかり治療を受けさせるべく最悪のケースを想定して厳しい宣告をした可能性も考えられますが、それにしても予断が許されない状況下にあることは間違いありませんでした。
何とか良くなってほしいという願いとともに家族が見舞いに行って可哀相な表情を浮かべながら、ただそばに座っているのも辛いことですから、家族にも出来る手当てとして白血球の数を増やすツボ刺激法とビワ療法を試してみるよう勧めました。

この白血球の数を上げるツボ刺激法は、5年前に私の妹が悪性リンパ腫を発症した際に行った方法です。
北京堂さんのウェブに「癌患者の化学療法による白血球低下の治療」として掲載されていたもので月刊「ビワと健康」紙上で妹の症例を紹介させて頂いたときに触れた記憶があります。
妹は今も健在ですが、そのときは全く先が見えない状態でした。

「最後になるかもしれないから娘の音楽会に参加したい」と切望しましたが、白血球の数が1500しかありませんでした。
病院は感染症の恐れから2500ないと外出許可を出さなかったのです。
そこで白血球を増やすツボ刺激法とビワ療法を行ったところ、驚いたことに翌日には白血球の数が4000に上がっていたのです。

また、かつて父親が二度インフルエンザで敗血症を起こしたときもここの先生の本を参考にして解熱し、一命を取り留めた体験があります。致死率90%と言われる状態ながら翌日には熱が下がり、「岡本君、大変だよ。お父さんの熱が35.5℃まで下がったよ」と医師を驚かせたのです。
右手の親指と人差し指をなでていくとジンタンのような粒があり、その粒が気になって本を調べてみると解熱のツボについて記されていたのです。解熱剤をいくら投与しても下がらなかった熱が、そこを刺激すると一気に下がったのです。
経絡にあるツボの詰まりを取ることで、『効くときには本当によく効く』と私は実感しています。

しかし、この息子さんは初めのうちは半信半疑の様子でした。
アトピー性皮膚炎があった子だったので、以前にも光線療法を勧めましたが、「そんなもの・・・」と言って受け入れなかったことがありました。
また、彼のお姉さんも看護師さんで西洋医学の頭で考えて「お父さん、何それ」と初めのうちはビワ療法に抵抗を示していたようでした。
それでも、いざ始めてみると改善は顕著でした。

抗ガン剤治療を続けているにも関わらず白血球の数は一向に減少せず、検査のたびに医者は「不思議だ、不思議だ」と首を捻ったというのです。
データ至上主義の大学病院では、むしろ白血球が減らないことのほうが『異常』以外の何ものでもなかったようなのです。
ホリスティック医療を取り入れた帯津三敬病院ならこうした療法も問題なく受け入れて頂けるでしょうが、残念ながら一般の病院では難しいということです。
とにかく家族も本人も否応なしにツボ療法やビワ療法の威力を信じることとなりました。

ただし、病院自体はこうした療法には無理解で病室など到底許可してくれる状況ではなかったため、こっそり続けざるを得ませんでした。
本来ならビワ温灸器を使用したいところです。しかし、そうした事情からビワエキスを体に塗り、白血球を増やす五つのポイントを中心に肌に赤みが差すくらいまでマッサージして温め、併せてビワのお茶とビワの種(錠剤タイプ)を摂取するようにしたのでした。

肺に転移したガン治療の副作用によりムーンフェースになってはいますが、現在5クールを終え、あとは6クールを残すのみとなっています。
家族みんなで賢明にケアしている様子でビワエキスやビワ茶、ビワの種、いずれも少なくなると追加の連絡がきています。
肺に転移したガンは影が薄くなっているそうです。これは抗ガン剤が効いているような気がします。
肝心なのは、6クールを終えて退院後のケアだと私は思っています。これら療法がもつ良さもさることながら家族の愛情ときちんとした養生が大切です。

お陰様で私の家族はビワ療法に助けられています。
今回の例もあくまで体験談ですから個人差があって必ずしも誰にでもあてはまるというものではないかと思います。
それでも少しでもお役に立てれば幸いです。参考にしてみて下さい。

◎香取館
神奈川県川崎市川崎区小川町7−4 アービラ川崎607
TEL:090−2304−1057


◎「香取館」に関する体験談は他にもあります。
『ビワと健康』  2011年4月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 睾丸ガンのケアにビワ療法
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入