悪性リンパ腫に好感触

神奈川県川崎市 香取館 岡本透 代表

抗ガン剤治療や放射線治療を行なうと白血球が減少します。

数値が1、000を切るとまずいなどと言われますが、その際に行なう対症療法をビワ療法で試したところ良い経過が得られたので紹介致します。

まずは私の妹の例です。妹は現在50歳。
昨年9月、悪性リンパ腫と診断され、化学療法に入りました。

髪の毛が抜けたり、白血球が減少するなどの副作用が現れたわけですが、インターネットで見つけた施療ポイントにビワ温灸ビワローションを用いた温熱療法を施すことで、白血球の数が増えることを体験しました。
今年4月に退院するまで、病室という制約された環境下でビワローションによる温湿布を行なったのです。

初めはビワエキスを用いましたが、臭いが気になるというのでローションに切り替え、蒸しタオルによるホットパックを続けてきました。
参考にした施療ポイントは、北京堂さんのウェブに「癌患者の化学療法による白血球低下の治療」として掲載されていた部位で、私はその中の5ヵ所(図参照)を用いました。

「局部の皮膚が赤くなるように」温めて、終了後は「3〜5分ぐらいずつ軽く按摩」とありましたが、制約された環境のため手の温もりで1ヵ所10〜15分さすることもありました。
これは喉頭ガンの方から相談を受けたときにも、素手でさする箇所としてお教えしたことがあります。

そのときは闘病中の当事者もさることながら、ご主人が途方に暮れ、気を揉んでオロオロするばかりでしたから、「自分も手当てに参画できる」ととても喜ばれました。

その後です。妹の病がわかったのは・・・。
そこで前述のビワ温湿布を行ないましたが、ある日、「子供のピアノの発表会にどうしても参加したい」というのです。

白血球が1、000程度だと感染症等の心配から病院は外出を許可しないらしく、やむなく夜中にビワ温灸器を取り出してせっせと当てたのです。
すると翌日の白血球の数は3、500〜4、000となり、医師は「今日は凄い。不思議だけど大丈夫だ」と感嘆し、外出許可がもらえたのです。

白血球を増やす薬も奏効したのでしょうが、やはりビワ温灸の威力は凄いと再認識しました。

甲状腺ガンが退縮

従姉妹(50代)は甲状腺ガンで来月に手術を控えています。

彼女は妹以上に私が勧める療法に熱心で、光線療法、手技、ビワ温灸等を行なっています。
週1回私のところでビワ温灸を行ない、2ヶ月間でビワエキス(250ml)1本を使いきりました。
施療では発汗させ、排尿を促すことが大切です。
初めの1ヶ月くらいは汗が臭く、蓄積していた老廃物が出てきているのがよくわかりました。

ビワ温灸をメーンに温熱療法を開始し、1ヶ月少々で2cmあった腫瘍が1、2cmまで小さくなり、もう一歩というところまできています。
従姉妹の症状は両手の痺れから始まりました。
そして、妹も従姉妹も肩こりがあるという点で共通しています。

これは私の仮説ですが、女性の場合、下着で胸を締めつけることで体液循環障害を起こし、乳ガンなどの病気を引き起こす一因となっていると考えられます。
江戸時代の芸者さんが、顔に汗をかかないよう胸部を紐で締めていたのがその原理で敢えて循環を抑えていたのです。
胸が大きい人は下着を強く締めるため鎖骨が変形しているのが目立ちます。
また、若い人はファッションを優先し、年配の方はもったいないからとサイズや形状が合っていない下着を結構着用しています。
筋肉が硬縮し、体液循環を阻害している。
こうした基本的なことを改善し、全身を自然な状態に戻すことが大切です。

筋肉の硬縮を和らげ、体液循環を改善させる点でもビワの温熱療法は有効です。

◎香取館
神奈川県川崎市川崎区小川町7−4 アービラ川崎607
TEL:090−2304−1057

◎「香取館」に関する体験談は他にもあります。
『ビワと健康』  2007年7月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 悪性リンパ腫に好感触
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入