便秘症にはビワの種とお茶

茨城県水戸市 ヒーリングスタジオ爽快塾 松井美知子 代表

整体を学びに来られている女性(60代後半)が便秘症で辛い思いをしていると知り、錠剤タイプのビワの種をお勧めしました。

症状は重く下剤を常用しておられ、「ビワの種がいいわよ」とお話すると興味をもたれ、さっそく1日10粒を飲み始めたのです。

効果はてきめんでした。翌日から確実に便通があり、すぐに「下剤を飲むよりこちらの方がいい」と完全に切り替えて、毎日快調に過ごしておられます。

便秘症の改善例は、ビワ茶でもあります。
50〜60代の女性が多く、ストレスなども影響してか、お通じが毎日はないと言われます。

私は常々「健康を維持するうえで排泄は大切」とお話し、整体でもきちんと排泄が得られるよう体全体に施療を行っています。そこにビワのお茶を併用すると効果はさらに高くなります。

ただ、効果がありすぎてお腹がゆるくなってしまう方もおられ、ある30代の女性は「ビワ茶が濃いと出過ぎてしまう」と薄めにして飲んでおられます。
摂取量は個人差があり調整が必要ですが、便秘症にはビワの種とお茶が有効だと感じています。

◎ヒーリングスタジオ爽快塾
茨城県水戸市平須町1820−475 エムロード21C棟
TEL:090−8310−8835

◎「ヒーリングスタジオ爽快塾」の体験談は以下のとおりです。
『ビワと健康』  2010年9月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 便秘症にはビワの種とお茶
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入