肩こりに即効性を発揮!

宮崎県都城市 びわ温圧療法橘 萬代恵子 代表

ビワ療法による改善報告は多岐に渡りますが、やはり症例として多いのは肩こり、腰痛、ヒザ痛ではないかと思います。

うちでもこの三つの施療は頻繁で、特に高齢の方は腰痛とヒザ痛が大半を占めています。
年齢的には70代半ば、畑仕事でしゃがんだ姿勢を続けるような作業によって腰やヒザに負担を掛けて痛めてしまうのが典型的なケースです。
ただ、肩こりは事情が違い必ずしも力仕事が原因とは限りません。最近ではパソコン業務に携わる女性が肩こりを訴えてよく訪ねてみえます。

先日施療した知人(62)もその一人でした。彼女は主婦ですが、ボランティアでパソコンを使って文章を書くことが多く、「文字を打ち始めるとつい一生懸命になっちゃって・・・。肩こりがひどいのよ〜」と話しておられました。
その言葉通り、首の付け根から肩甲骨にかけて筋が硬く張っていました。
ビワ温灸はまずうつ伏せで尾てい骨から後頭部に至るまで背骨に沿って背面全体を当て、次に仰向けに姿勢を変えて前面を当てました。併せて凝って張りのある箇所は手で押すようにしました。
彼女は日ごろ自分で手や足裏をマッサージしたり、無農薬野菜の食事に拘るなど”健康おたく”を自認するほどの人です。

ビワ温灸こそ初めてながら、手作りの酵素にビワの葉を入れたりするそうで、ビワの葉の効能についてはすでに理解し受け入れておられました。
施療を開始して間もなく「あ〜、そこそこ、気持ちいいわぁ。目が開いた感じで凄く良いわねぇ」とすっかり感激された様子でした。
彼女はがんばり屋さんで施療後、「これからやらないといけないことが沢山ある」とおっしゃるので、私は「そうやって無理しちゃうんですよ。今日は帰られたらゆっくりして下さい」とお話しました。

その夜、彼女からメールが届きました。「家に帰ってからもすごく楽だったのよ〜。もう庭の草むしりまでしちゃったわ」と書いてありました。
やはり、じっとしておられなかったのですね。
再度、「無理しないで下さいね」とお伝えしましたが、彼女同様、私も嬉しくなりました。

◎びわ温圧療法 橘(ご紹介はこちらです。)
宮崎県都城市菓子野町10519−5
TEL:0986−27−4021

◎「びわ温圧療法 橘」に関する体験談 『ビワと健康』  2010年6月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 肩こりに即効性を発揮!
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入