腰痛、脚の痺れが好転

宮崎県都城市 びわ温圧療法 橘 萬代恵 代表

腰痛両脚の痺れを訴える女性(70歳くらい)が、ビワ温灸で症状が軽減し、非常に喜ばれた例を紹介させて頂きます。

この方は、自然療法に興味を持つ娘さんがインターネットでうちのことを調べ、1時間かけて訪ねたとのことでした。
腰痛と足の痺れは四六時中だそうで、病院で診てもらったところ「老人性のものだからこのまま付き合っていきなさい」と言われてしまい、その対応に不満を感じておられました。
手摺りにつかまり、前屈みでゆっくりゆっくり2階に上がってこられる姿はとても辛そうで、『少しでも楽になってもらえたら・・・』と思いを込めてビワ温灸を行ないました。

1時間かけて全身に当てたビワ温灸に、「こんなに気持ち良いのは初めて。これ良いわ〜」と感激の感想で、これまでに鍼や整体にも行ったけれど痛くて続けられなかったことを打ち明けてくださいました。
ビワ温灸が終わった直後は、「気持ち良かった」というだけで症状の改善までは至りませんでしたが、次に来られたときは、「あの日はよく眠れました」と喜んでおられました。
時々眠れなくて困っていたそうで、娘さんも「ビワ温灸を受けた日から2、3日、母の表情が何となく良かったんですよ」と話して下さいました。
2回目も全身に1時間当てました。
そして、4、5日開けて3回目に来られたときは明らかに様子が違っていました。

「ちょっと萬代さん見て、私こんなにしゃんと立ててるんですよ」と弾んだ声で階段を上がってこられたのです。
背筋をピンと伸ばされた姿にびっくりしました。
さらに、「よく近所の人から『あんたの腰は手術しないと治らんよ』と言われてたんですよ」と笑顔で話されるのです。
完全に痛みや痺れが取れたわけではないにしても、相当に調子が良いことはわかりました。

3回目もビワ温灸を1時間行ないました。
当てるポイントを説明しながら娘さんにもビワ温灸を行ないました。
結局、この方はすっかりビワ温灸が気に入ったわけです。1時間かけて娘さんと都合をつけて来られることの手間を省く意味もあって、それ以降は器具を購入されて自宅で当てられるようになりました。

確かに高齢の方における腰痛や脚の痺れといった症状の完治は難しい面もあるかもしれません。しかし、辛さを軽減するということではビワ温灸は本当にすぐれていると思います。
試してみて下さい。

◎びわ温圧療法 橘(ご紹介はこちらです。)
宮崎県都城市菓子野町10519−5
TEL:0986−27−4021

◎「びわ温圧療法 橘」に関する体験談 『ビワと健康』  2008年7月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 腰痛、脚の痺れが好転