前立腺ガンにビワ温灸

静岡県浜松市 いちりゅう美容室 深津雅子 さん

肺ガン、脳腫瘍、鼻の奥のガン、そして前立腺ガンを患った男性(62)が一生懸命ビワ温灸を当てて良い状態になっています。

闘病の始まりは糖尿病だったそうです。糖尿病に起因する心筋梗塞でバイパス手術を行ない、その後肺ガンが見つかったのは、5年以上前の話です。
肺ガン自体は放射線が効いたそうで、腫瘍が完全に消え、もう安心と思った矢先に脳腫瘍が見つかったといいます。糖尿病の影響で手術は難しく放射線治療を行ない、このときも奏効した様子でしたが、昨年5月、今度は鼻の奥にガンが見つかったのです。

同時期、私は友人から300万円で受けられる最新のガン治療があるという話を聞きました。何という治療法かすら分からない情報でしたが、その翌日、まるで導かれるようにテレビ番組で重粒子線のガン治療が筑波大学をはじめ全国6カ所で行われていることを知りました。
それを伝えたところ、この男性は浜松の病院から沼津のガンセンターを紹介され重粒子線治療を受けることになったのです。
高額な治療でしたが鼻の奥のガンはきれいに消え、首から上のガンの腫瘍は完璧になくなりました。
ただし、この治療はまだ内臓にはできないとのことでした。

やっと腫瘍がなくなり安心されていたのですが、今年に入って前立腺ガンが見つかり大変ショックを受けておられました。
ガンと闘いつつも勤めを続けて来られたこの男性でしたが「疲れる、疲れる」と疲労を訴えるようになっていました。
私の友人に元看護師でビワ温灸が大好きな人がいます。彼女の実家がその男性の家と近く、私の代わりにビワ温灸を 当ててあげるようになりました。
ビワ温灸を行なうととても気持ちが良く「何か違う気がする」と喜ばれるので週1回、夜だけ私の温灸器を貸し出しました。
前立腺ガンでは放射線治療をされました。結果は良好でビワの影響が多分にあったのではないかと私たちは話し合いました。

ご本人もビワ温灸がとても気に入り、自分で当てられるよう購入されました。奥さんも協力的で熱心に当てておられ、良好な状態を保っておられます。

シミが薄くなった!

私の姉(72)は結婚以来、殆ど化粧をしない人ですが、私の勧めでずっとビワの種を飲んでいます。

初めは粉末タイプのものでしたが、ここ2〜3年は飲みやすさから錠剤タイプを愛飲しています。
朝、昼、晩1粒ずつ飲んでいましたが最近、病院で骨密度が低いと言われてからは薬代わりに多めに飲むようになりました。
太り気味で便秘がちだったものがビワの種で解消したことから続けてきたのですが、昨年1日10粒に増やした辺りから「シミが薄くなった」と言うのです。

確かに私の目から見ても頬のシミが薄くなっています。同じ年齢の人に比べて肌にツヤがあり若く見える姉ですが、ビワの種で便秘が解消したことも肌への影響が大きいのではないかと思われます。

◎いちりゅう美容室
静岡県浜松市南区高塚町432−5
TEL:053−447−0259

◎深津雅子さんの体験談 『ビワと健康』  2010年5月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 前立腺ガンにビワ温灸
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入