甲状腺腫が退縮した!

静岡県浜松市 いちりゅう美容室 深津雅子 さん


悪性ではないけれど首に腫瘍が出来たことを気にして訪ねて来られた40代前半の女性がおられます。

腫れは割と大きく一目見て判りました。
コリコリとまるで脂肪の固まりがあるように感じられましたが、医師が心配要らないと言ったことから推測すると、おそらく単純性甲状腺種ではないかと思われます。

ただ、何年も前から腫れた状態を放置し、痛みはないまでも疲れるとすぐそこに手を当ててしまうものだから、最近はその仕種を見て子供さんまでもが気にするようになったこともあって、何とか腫れが取れないものかと色々なことを試されたそうです。
しかし、何をやっても小さくなることはなく、インターネットでビワ療法を知ってうちを訪ねたとのことでした。

遠方の方でしたが週1回来られ、3、4回ビワ温灸を当ててあげました。
それ以降は自宅で自ら当てるようになられたのですが、電話で腫れの部分が軟らかくなっているとの報告を頂きました。
3ヶ月間、一生懸命当てられたことが良かったのでしょう。

「先生、見てー」と訪ねて来られたときには、腫れが殆ど消え、首は本当に軟らかくなっていました。
その後、脳梗塞で倒れるアクシデントがあって以前ほど熱心にビワ温灸を当てられなくなったのですが、それでもあと少しで正常な首に戻りそうな勢いで、ご本人は「信じられない!」と喜ばれ、小さくなった腫瘍を見て病院の医師も驚いているとのことです。

膵臓ガンでも期待

膵臓ガンの男性(44)は手術前から週1回ビワ温灸を受けています。

手術では部分的に膵臓を切除したようですが、外の血管部分にも腫瘍が見つかり、それは取れなかったそうです。
ご本人は非常に前向きで、去年の12月初めにはビワ温灸器を購入され、毎日ご自分で当てておられます。

体調はとても良く、先日も引っ越しを手伝われたそうで、ビワ温灸を勧められたお姑さんも「ビワ温灸をすると顔色が良くなる」と喜んでおられます。
温灸器を購入される前にはビワエキスを常備・愛用されており、今では家族ぐるみでビワ党、笑顔で過ごしておられます。

◎いちりゅう美容室
静岡県浜松市高岡町432−5
TEL:053−447−0259

◎深津雅子さんの体験談 『ビワと健康』  2009年2月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 甲状腺腫が退縮した!
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入