糖尿病の諸症状に威力

東京都品川区 高橋リラクゼーションルーム 高橋えい子 代表


3年ほど前から通っておられる女性(51)は糖尿病でインスリンを打つ生活を余儀なくされています。

うちに初めて来られた時は、全身が痛くて痛くて、目は眼底出血したり、肩は五十肩のようになっていて、寝返りを打つのも大変な状態でした。

病院で治療を受け食事改善を図っていても体がだるく、外出はおろか動くことも辛いとのことでした。

骨盤が歪み、毒素も一杯でした。全身の痛みやだるさは血行不良で酸欠を起こしている状態です。
週1回、1時間半もしくはもっと長くビワ温灸とともに施術の柱としているオイルセラピーを行ないました。

初回の施術直後「ものすごく軽い」と喜ばれたのが印象的で、毎回、施術が終わると症状が楽になるため楽しみに通うようになられました。
とはいえ、初めのころは楽になっても1週間もたず、すぐに痛みがぶり返していました。

徐々にぶり返すまでの期間が長くなり、3年経った今では健康な人と同じく主婦としてやるべきことはテキパキとこなし、外出も平気になっておられます。
精神的な落ち込みが取れ元気が出てくると体調にも変化が見られるようで、インスリンの量を減らす話も出てきています。

最近、病名が付かないウツ傾向の人が増えていますが、うちに来られた皆さんは、周りから「若い」と言われているようです。

介護される人間ではなく、介護する側とはいかないまでも、必要とされる存在となって何かあったらお手伝いできるような人であってほしいと思います。
それには自分自身の体をどんなふうにケアしていたかで10年後の自分の姿が決まってきます。
今日やって明日結果が出るという話ではないので、健康のために自分と向き合わないといけません。

◎高橋リラクゼーション・ルーム(ご紹介はこちらです)
東京都品川区西五反田6−1−4−602
TEL:03−3495−0542
(高橋リラクゼーション・ルームに関する体験談)
  • 生理痛が改善し子宝も!
  • 拡張型心筋症の方も感激

  • 『ビワと健康』  2009年7月15日号)

    ※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

    「ビワの葉療法」の総合情報サイト
    『ビワと健康』 > 体験談 > 糖尿病の諸症状に威力
    ※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

    ビワ商品の販売と購入