拡張型心筋症の方も感激

東京都品川区 高橋本気功整体院 高橋えい子院長

突発性心筋症のなかの拡張型心筋症という難病の方(女性・58)にビワ温灸を行ない付随する症状が緩和した例を紹介致します。

この方は、元々は東京の人ですが現在は北海道に住んでおられ、新聞の販売所をしている関係から昼夜逆転の生活を10年以上続けた結果、3年ほど前に体を壊し、救急車で病院に運び込まれたそうです。
拡張型心筋症とは心臓の筋肉が肥大して機能が低下する指定の難病で、障害者の認定を受けたとのことでした。

二人の妹さんの紹介で1週間の上京期間中、3回来られてビワ温灸を受けられました。
ご本人が強く自覚する症状では、夜眠れないというものがありました。

自律神経が異常をきたし、本来、寝ている間に血液が肝臓に集まって休まるものが調節できず、心臓が苦しくて少しでも無理をするとまるで全身が心臓になったかの如くバクバクしてしまうため薬で症状を抑えるという状況でした。

妹さんの紹介ですから信頼関係はあったと思いますが、それでも初回時はビワ温灸を当てた途端に「熱い」と過敏に反応されました。

ちなみに一番下の妹さんは頻尿と不整脈があり、上の妹さんの方も鼻炎があって3姉妹揃って自律神経が弱いとのことでした。

しかし、1回目の施療が良かったらしく、2回目の施療では緊張が解けてじっくりと当てることができて、夜ぐっすりと眠れるようになったのです。
ご本人も相当嬉しかったようで、それをきっかけに「もう、元気になった」とまるで病気が完治したかのように喜ばれました。

妹さん(次女の方)の鼻炎は、1年中ティッシュの箱が手放せない状態で1日1箱使っていましたが、ビワ温灸でピタッと止まった劇的な改善を体験しています。体質的には北海道のお姉さんと似ています。
いずれにしても良い方向に向かっているようで嬉しく思いますが、ビワ温灸を行なっていてつくづく感じるのは、信じて受け入れたほど改善は早く、逆に猜疑心が強いほど効果が出にくいということです。

◎高橋本気功整体院(ご紹介はこちらです)
東京都品川区西五反田6−1−4−602
TEL:03−3495−0542
(高橋リラクゼーション・ルームに関する体験談)
  • 生理痛が改善し子宝も!
  • 糖尿病の諸症状に威力

  • 『ビワと健康』  2005年7月15日号)

    ※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

    「ビワの葉療法」の総合情報サイト
    『ビワと健康』 > 体験談 > 拡張型心筋症の方も感激
    ※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

    ビワ商品の販売と購入