手の痺れが消えた!

福岡県中間市 温熱療法 びわの樹 吉田藤子 代表

現在、2週間に1回通っておられる男性(54)は、1年数ヶ月前に心筋梗塞を患って入院し、心臓カテーテル治療を受けられた方です。

口コミで初めてうちに来られたときは、左の肘から小指にかけて強い痺れがあり四六時中疼いていました。
机などに僅かに触れるだけでビリーッと痛みを伴う猛烈な痺れが走り、ちょっとした重さの物を持ち上げることすら左手では困難なため、利き腕ではないとはいえ仕事にもかなり支障をきたしている状況でした。
また、血圧が高く、膝や腰にも痛みを抱え、さらに肥満も重なって、ご本人曰く、最悪の状態でした。

もちろん、整形外科を始め各種治療院を訪ねたそうです。しかし、いずれでも改善の兆しは見られず、それどころか「大体、60歳くらいからそういう痺れは出てくるものです。お宅の場合は早いですね」と老化現象の一つとして扱われてしまったそうです。
お手上げだから歳のせいにするというのでは、あまりにお粗末な話です。
体の異常は一目瞭然でした。左の肩甲骨の周りからその上部、頚椎や左肩にかけて腫れて硬く盛り上がり、軽く押圧すると痛みを訴えられました。

単に局所の問題ではないと判断し、初日は足や腰部も含めて全身にビワ温灸を施しました。
無論、苦痛の源である左肘から小指にかけての痺れの改善を図るため、頚椎、肩、腕、肘、手首、指等には、より入念にビワ温灸を行ないました。
ビワ温灸を行なうと明らかに体の左右に違いが現れました。症状の出ている左側は、ビワエキスや温熱が浸透しにくく、右と比べて肌になかなか赤味が差してこないのです。

1時間程度の温灸。三回目で確かな変化が

トータル、1時間程度のビワ温灸でした。3日後に2回目、さらに3日後に3回目を同様に行なったところ、3回目で確かな変化がありました。
この日は来られたときから笑顔でした。小指の先にのみ痺れが残っているものの、何かに触れるだけで痛みを覚えるということがなくなっていたのです。ご自身が改善を実感し、「うんと楽になりました」と語られた言葉が印象的でした。
それ以降、週1回のペースに変えました。残った痺れも徐々に軽減し、3ヶ月ほどで完全に症状はなくなったのです。

改善はそれだけではありませんでした。月に1回、心臓や血圧等の検査を受けておられますが、半年が経過した頃から心臓も血圧も正常となり、膝や腰の痛みも取れ、なんと11kmの道のりを自転車で通勤するまでになられたのです。

また、体重も12kgの減量に成功、まさに見違えるほどの変わり様です。担当医にも驚かれ、とても喜んでおられました。
こうして痛み知らずで過ごせていることに感謝され、「ビワ温灸をしていないとまた悪くする可能性があるから」と言われ、最近は予防の意味で2週間に1回通っておられます。

医者に見放されていた方がビワ療法によって短期間で見事に改善したのですから、私にとっても大変嬉しい改善例です。

◎温熱療法 びわの樹(ご紹介はこちらです。)
福岡県中間市大辻町10−10
TEL:093−245−1338

◎「びわの樹」に関する体験談
『ビワと健康』  2009年3月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 手の痺れが消えた!
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入