原因不明の足の腫れが改善

奈良県 原ミネ子 さん


何かに導かれたとしか言い様のない不思議なご縁で「あひる倶楽部」をお訪ねし、山下先生にお会いしていなければ、今ごろ私は一体どうなっていたのだろうかと想像すると身震いする思いで、何よりもまず山下先生ご夫妻に感謝を述べさせて頂きます。

奈良県在住の私が娘(息子のお嫁さん)に連れられて、神奈川県海老名市にある「あひる倶楽部」を初めて訪ねたのは、昨年の12月半ばのことです。
両足の膝から下が腫れ上がり、痛くて痛くて歩行も満足に出来ない私は、片手で杖をつき、もう片方は娘の肩にしがみつきながら、ワラにもすがる思いで伺ってビワ温灸を体験させて頂きました。

私の病気は、平成18年の秋口に発症しました。原因はわからないのですが、両足の膝から下が急に腫れ始め、日を重ねるごとに腫れは増し、冬には足の甲を中心にパンパンになってしまいました。

若いころに血圧の関係で足がむくんだことはありましたが、明らかにそれとは違っていました。
ただ腫れているだけでなく、四六時中ズキンズキンと疼き、とりわけ皮膚の表面に刺激を受けると、それが例え僅かでも痛くて我慢できないのです。
歩くことは勿論、食事の支度で立つのも辛く、さらには足が温まってくると途端に痛みが増幅するため、靴下を履くのも困難となり真冬でも裸足で過ごさざるを得ませんでした。
一人暮らしのため不自由この上なく、とても外出できる状態ではなかったため近くに住む子供が週末とかに買い出しをしてくれるなど心配してくれました。
足の痛みはじっと座っていれば辛うじて我慢できますが、特に大変なのは夜眠れないことでした。
入浴や布団に入って足が温まってくると、ズキンズキン痛むのです。
洗面器に氷水を張り、両足を浸けておくと感覚がマヒして楽になります。

しかし、それも一時凌ぎで、布団を掛けて温まってくるとまた耐え難い痛みに襲われるのです。
ついには毛布が足に触れるだけで痛むようになり、結局、両足ともふくらはぎの半分から下は布団の外に出して寝ることになってしまったのです。
それでも、それで眠れるのかといえばやっぱり疼いて眠れません。
夜眠れないものだから、昼間はウトウト。こんな慢性的な睡眠不足の生活を毎日続けていました。
この症状とは別に内臓にも不調があり、同年冬に病院に入院した際、足の具合も診て頂きました。
血液検査だけでなく細胞まで採取して調べられた結果は「内科的には不明」とのこと。すねには採取の傷痕だけが残りました。
平成19年夏、足の腫れは一旦ひきました。ところが、同年秋には前回同様、むしろそれ以上悪化してきました。
もはや風が当たっただけで痛む状態で、原因不明だけに途方に暮れました。
内科の医師は、紫色に腫れ上がった私の足を診て、指先をさして「この辺は腐ってますよ。このままいけば切断するしかないですよ」と言われました。
言葉を失うほどの激しいショックを受けました。
しかし、そう断言されてみれば、確かに爪という爪は全て白濁して死んだような状態でしたし、耐え難い痛みに悩まされ続けているわけですから、心の奥には切断を覚悟する自分の姿がありました。

両足切断の危機から救われた!

深刻さも切羽詰まったなかで海老名市に住む息子夫婦が心配し、インターネットを通じて見つけてくれたのがビワの葉温熱療法だったのです。 同療法の普及会のホームページに足の腫れが改善した症例が掲載されていたそうで、同市内にある「あひる倶楽部」を訪ねることになったのです。
医者が見放した私の足を見て、山下先生ご夫妻は、「大丈夫ですよ。頑張りましょう」と柔和な笑顔で励ましてくださいました。
私にとって初体験のビワ温灸は、気持ち良いというより熱いものでした。温灸器が肌に当たると僅か5秒で熱く感じるのです。
ただ、熱くはあるのですが『これで良くなれば・・・』という期待感もありましたし、布団やお風呂で温まったときに痛くなるいつもの熱さとは何か違ったものを感じました。

約1時間の温圧でした。気持ち良さとはほど遠い感覚ながら、終わってみると私の足には衝撃的な変化が起きていました。
若干の腫れは残っているものの紫色だった肌の色が普通の色になり、痛みは消え、足は信じられないほど軽くなっていたのです。
横で付き添っていた娘もビックリして、「元の足に戻ったみたい」と二人して感激しました。
さらに嬉しかったのは、その日、本当に久しぶりにぐっすり眠ることが出来たことでした。(以来、毎日よく眠れています)
3日連続、「あひる倶楽部」でビワ温灸を当てて頂きましたが、ぐんぐん良くなるのが実感でき、思わず「山下先生は神様です」とお礼の言葉がこぼれたほどでした。

医師の言葉に従って原因不明のまま両足の指を切断していれば、私の人生は全く違ったものになっていたのですから、地獄に仏とはまさにこのこと、大袈裟でなく神様に思えました。
足の改善は順調で、状態が良くなるにつれてビワ温灸が言葉で表現できないくらい気持ち良くなっていきました。
当初、良くなるために我慢して受けたのがウソのようで、ずっと当てていてもらいたい感覚なのです。
娘に向かって「気持ちいいわよ。あなたも当てて頂いたら」とか、「先生を一人連れて帰りたいくらいね」とか冗談を言い、笑えるようになっていました。

しばらく通ううちに驚くことがわかりました。
偶然にも山下先生の奥様と娘のお母さんが十数年来の知人で、奥様がビワ療法の指導員認定を受ける際には、お母さんにビワ温灸を行なっていたのです。
娘自身は奥様とは面識がなく、母親の知り合いとも知らず、ましてビワ温灸を受けていたなどとは夢にも思わなかったのです。
私には、『ビワ療法で救われるべく目に見えない糸で繋がっていたのだな』と思えて仕方ありません。
ビワ温灸で救われ、今は週1回「あひる倶楽部」に通うのを楽しみに過ごしていますが、ふと足のことを全く意識せずにいる自分に気づいて、改めて山下先生ご夫妻と、いつもよく面倒をみてくれる娘、息子に感謝する次第です。
足が正常に戻って感じることは、”冷えは健康の大敵”ということです。靴下を履かない生活など、今はとても考えられません。


  • 【山下信男代表の話】
    原さんが初めて来られたとき、足は腫れ上がり、打ち身のあとの青タンのような色をしていました。
    血行不良以外の何ものでもなく、ビワ温灸が得意とする症状と判断して「大丈夫ですよ」とお伝えしましたが、正直なところどこまで改善できるかは見当がつかない状態でした。
    整体で全身調製を行ない、ビワ温灸は水抜き・不眠のツボとして知られる足裏の「失眠」を重点に膝下の主要なツボにくり返し当てましたが、肌が異常に過敏で、5秒も経たずにアツッ、アツッと合図をされました。
    初回、1時間の温圧で痛み、腫れともにかなり取れましたが、まだこれからという印象でした。
    3日目、完全に白濁していた足爪の付け根から普通の色の爪が伸びてきているのを確認し、ビワ温灸にも慣れて気持ちよく感じられるようになってきたため改善の手応えを得ました。
    また、ビワの生葉を差し上げ、ビワ茶を飲んだりビワ風呂に入るなど、家でも利尿や身体の温め等を図って頂きました。
    回復は順調ながら途中、若干右足の回復が遅かったので尋ねると、以前、交通事故で右の股関節を痛めているとのことでした。
    今では合図の時間も伸び、ビワ温灸の心地好さを存分に堪能されています。

    ◎あひる倶楽部整体院 (ご紹介はこちらです)
    神奈川県綾瀬市寺尾台2−2−9
    TEL:080−3415−1887

    ◎あひる倶楽部整体院に関する体験談 『ビワと健康』  2008年3月15日号)

    ※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。
    「ビワの葉療法」の総合情報サイト
    『ビワと健康』 > 体験談 > 原因不明の足の腫れが改善
    ※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

    ビワ商品の販売と購入