肝硬変に改善の兆し

北海道釧路市 ロータス整体院 山田則夫 院長

肝硬変と糖尿病を患っていて昨年11月から通われている男性(60代半ば)が、整体とビワ温灸を併用した施療で体調が良くなり喜ばれています。

この方は、私の知人の紹介で来られました。
自宅と病院を往復する以外は運動らしい運動を殆どしないという生活からか首や肩のこりがひどく、「整体でほぐして欲しい」と希望されました。

無口で元気がなく顔色も冴えない印象でしたが、初めてのビワ温灸は「とても気持ちが良い」とのことで、週1回のペースで整体と併用した施療を続けることとなりました。

施療を続けるうちに心身ともに徐々にほぐれ、肝硬変を発病した4年前のことなど具体的な病歴や状況などを話されるようになり、それに合わせて当初、首や肩などのこりのある部分に限定していたビワ温灸の範囲を拡げて行なうようになりました。
1時間半の施療のうち最低でも30分はビワ温灸に充て、3、4週目からは基本のツボに加えて腹部や胸部など入念に当てるようにしました。
ただ、「ビワはどこに当てられても気持ち良い」と喜ばれる割に変化がなく、暫くの期間は整体で腰が楽になる程度に止どまっていました。
今年に入って、血糖値が110くらいで安定してきているとか、肝硬変にも改善の兆しが伺えるようになりました。
そして、4月末になると、それまで週3回、肝硬変の治療のために受けていた点滴について、「週1回くらいでよさそうだ」と主治医から嬉しい言葉があったのです。

ご本人は主治医のいうことを守っていたので改善に向かったと思っているようですが、やはりビワ温灸の影響が大きいなぁ、というのが私の感触です。
通い始めた当初と違いビワ温灸に随分と体が慣れてきたので足裏から腰、背中、腹部など念入りに施療するようになったことで明らかに免疫力が高まっているようです。
見違えるほど顔色も良くなって周りの人からも「随分と元気になられましたね」と声を掛けられることもしばしばだそうです。
病院の薬に利尿剤もあって夜中に2、3回はトイレに立つため睡眠も浅くなりがちとのことですが、それだけに施療時には気持ち良さそうに寝ておられることも多くあります。

また、一つのエピソードですが、この方の主治医がビワ温灸についてどう捉えているのかを聞いてもらったところ、医師の奥さんが北九州出身でビワ療法を知っていてびわ茶やビワの入浴剤を愛用されており、「果物や植物を取るのと同様、良いんじゃないですか」と好意的にみておられることも分かりました。
ビワ温灸は継続すれば確実に導いてくれます。多くの方に体験して頂きたいと思っています。

◎ロータス整体院
北海道釧路市星が裏北1−3−23
TEL:0154−51−9921

◎「ロータス整体院」に関する体験談
『ビワと健康』  2006年6月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 肝硬変に改善の兆し
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入