痛風にはビワパスタ

大阪府寝屋川市 RUUM 松本梢 代表

痛風の痛みがビワエキスのパスタでひいた男性(50代)がおられます。
この方は、奥様のご紹介でした。

奥様は体のコリがひどくビワ温灸と整体のコースを受けておられますが、「これは痛風にも良いの?」と尋ねられたので、普及会のホームページに載っていた改善例をプリントアウトしてお渡ししました。

その改善例は、ビワエキスと小麦粉、それに擦り下ろしたジャガイモをつなぎにして作ったビワエキスパスタを痛みの患部に貼るというもので、さっそくビワエキスを購入され、ご自宅で試されました。

ご主人の痛風は痛みの強いときは会社にも出られないほどで、このときもそういう状態だったそうですが、ビワのパスタを始めて1週間ほどで痛みが取れたとのことでした。

もちろん薬も飲んでおられるそうですが、「明らかにビワパスタの方が結果が速かった」と喜ばれ、本当にご紹介できて良かったと思いました。
長年、棒もぐさのビワ温灸を続けてこられたという女性(80歳くらい)も健康維持の目的で通っておられます。
若いころ腎臓を悪くされ、病院の治療では取れなかったむくみが、お父様の手によるビワ温灸で取れた経験がおありだそうです。

以来、ビワ温灸の施療所に通っておられたわけですが、最近その施療所がなくなってしまったため、うちに通われるようになったのです。

現在は別段悪いところはないのですが、やはりビワ温灸を受けると体調が良いそうで健康維持として定期的に通われています。
ビワの有効性は幅広く、お客様を通じて優れていることを実感します。

(※)痛風について
痛風は、血液中の尿酸が増加して、急性関節炎の症状が繰り返し現れ、関節の腫れを起こす。
激しい関節痛が突然起きるのが特徴。発作が起きたときは薬を用いるのが一般的。また、1日の尿量が2リットル以上になるよう水分摂取すると良いとされる。
薬の開発により食事制限は必要ないとされるが、やはり肉食やお酒の量は控えるべき。
ビワエキスの冷湿布や利尿作用の高いビワ茶はお勧めだが、炎症患部への直接的なビワ温灸は控える。


◎RUUM(ルウム) (ご紹介はこちらです)
大阪府寝屋川市新香里
TEL:072−835−8567

◎RUUM(ルウム)に関する体験談
『ビワと健康』  2006年4月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 痛風にはビワパスタ
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入