頸椎捻挫の後遺症に威力

神奈川県横浜市 カヲリの木 天野恭子 オーナー


頸椎捻挫の後遺症からくる痛みがビワ温灸で軽減した女性(60代)がおられます。

この方は、20年ほど前に頸椎の椎間板を痛め、そのときは病院の牽引治療で2、3週間で楽になったそうですが、暫くして右腕に痺れや痛みが出るようになり、以来、症状が出るたびに牽引等の治療をしてこられたそうです。

うちに来られたのは5ヶ月ほど前で、痛みや痺れが再発して2週間くらい経過しており、かなり深刻な状況でした。
体を曲げた拍子に右の首から肩、腕、肘、指(薬指と小指)までズキンと激痛が走り、手に持っているものを落としてしまうとのことでした。
毎日病院に通い、1日2回、朝と夕方ブロック注射を打ち、鎮痛剤も服用しておられたのですが副作用で気持ちが悪くなり、頭痛もあって何とか自然の療法で改善を図りたいという希望でした。

うちでビワ温灸やエステを体験している娘さんが紹介者でしたので、始めての療法でも抵抗はなかったようですが、表情は暗く、気力も失せて、「外に出ることすら辛い」とおっしゃられました。

基本のツボと合わせて痛みのある部位に2回通り、約1時間かけてビワ温灸を行ないました。
血行もあまり良くない状態でしたが、ビワ温灸を受けたあとは「気持ち良かった」と言われ、週1回のペースで続けてみることになりました。
2回目に来られたとき、「初回の施療を受けて帰宅すると体がだるくて、眠くて、翌日も何も出来なかったのよ」と体調好転反応が出たことを話されました。
2回目も同様に施療し、「気持ち良かった」と言われましたが、やはり帰宅後体調好転反応が現れたそうです。

3回目の施療から体調好転反応は出なくなり、むしろスッキリするようになりました。
ちなみにビワ温灸の施療後は、いつも5分ほど脹ら頸から下部をマッサージしています。

4回目に来られたときは、ブロック注射が朝1回のみになったと喜んでおられ、5回目に来られたときは、「ブロック注射が必要なくなったのよ」と嬉しそうに教えてくださいました。
6回目では、薬の服用も痛みのあるときだけに変わり、7回目では表情が見違えるほど明るくなられて、「外出が楽しいのよ。日帰り旅行に行ってきたわ」と笑顔で話されました。

9回目では、薬も全く必要なくなっていました。
最後の10回目は、間隔を2週間あけて行ないました。

かつて医師から「痺れを取るのは難しいですよ」と断言されたそうで、確かに軽い痺れこそ残りましたが、それ以外は全て改善し、施療を終了しました。

腰痛が改善した

腰痛で来られた女性(81)は、10年以上前に事故に遭い、腰周りの痛みと左脚部に痛みと痺れを抱えておられました。

腰の痛みは疲れると出るそうで、日によっては楽なときもあるようでした。
いつも通っていた整体院の先生が90歳で亡くなられ、地域の情報紙でうちのことを見て訪ねてくださったのですが、ビワが良いというのは昔から知っていたそうです。
初回の施療直後の感想は、「気持ち良かった」というものでしたが、2回目に来られたときに、「あのあと、体のポカポカ感が長時間続いたのよ」と嬉しそうに話されました。

実は、この方はすごく寒がりで夏なのに冷房も入れずに施療しましたが、家では体が冷えるのを嫌ってお風呂もシャワーのみ、短時間で済ませているとのことでしたから、「ぬるま湯で長めに入ってみてください」とアドバイスさせていただきました。

4回目になると、寝つきが良くなったことで冷えが取れてきたことが自覚でき、冷えが取れるとともに腰の痛みも楽になってきたとのことでした。
4駅の距離を電車で通われるのですが、調子の良いときは週2回、悪いときは2週間に1回になったりして、すべて順調に改善されたとは言い難いのですが、全部で8回来られて脚の痛みや痺れはそのままながら、腰の痛みはきれいに取れました。

ご自身も家で体を暖めることを中心にビワ風呂に入るとか、ビワ茶を飲むなどの努力をされたのも奏効したと思われます。

◎カヲリの木 (ご紹介はこちらです)
神奈川県横浜市青葉区藤が丘1−44−6
TEL:045−972−5777

●「カヲリの木」のホームページはこちらです。 (カヲリの木に関する体験談)
  • アトピーの辛さから解放

  • 『ビワと健康』  2005年12月15日号)

    ※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

    「ビワの葉療法」の総合情報サイト
    『ビワと健康』 > 体験談 > 頸椎捻挫の後遺症に威力
    ※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

    ビワ商品の販売と購入