前立腺ガンを完全に克服

栃木県下都賀郡 なかむら整骨院 中村吾郎 院長


前立腺ガンでステージ犬涼棒(60代半ば)が、1ヶ月後に手術を控えて来院されました。

まるで皮膚病のように顔面や頭部にただれが見られ、証は一見すると皮膚病の肺経、大腸経であるかに思えましたが、実際は腎、肝、心胞経の三つに問題があることがわかりました。
顔は黒ずみ、かなり掻きむしったらしくあちこち皮が剥がれ、体内の毒素が体の表面に出ている感じで、ご本人も「体調が悪い」と話しておられて症状としては腰痛、膝痛、背部痛が強く見られました。

レインボー療法として、腎経のツボ「太谿」に黒色テープを、肝のツボ「太衝」に青色テープを、また手の「神門」には赤色テープを貼り、さらにOーリングテストで見つけた患部には黒色テープを米印に4点貼りし、十字を切るように上下左右にビワ温灸を多壮しました。
まずは腰痛を取るためにうつ伏せの姿勢で肝、心、腎といった兪穴に膀胱経絡に沿ってビワ温灸を施し、そのうえで座位ないしは立位で「膀胱兪」から順に当てるようにしました。

とくに患部には、ビワエキスを右回しに塗り込んでから挟み込む形で、前面は五壮、背面は十壮とビワ温灸で徹底的に火攻めにしました。
こういう症状の場合は、1日2回施療した方がよいのですが、当院まで片道1時間半もかかるという事情からビワ温灸器を購入して頂き、自宅でも当ててもらうようにしました。
当院に来れない日は自宅で2回、無理でも最低1回は続けてもらうようにしてもらったところ1ヶ月経った時点でステージ兇箸覆蝓⊆蟒僂鬚靴覆てもよくなりました。

もし腫瘍マーカーの数値が下がらなければ手術はやむを得ないというギリギリのところまで来ていたのでご本人も熱心に続けられました。
取穴は気の流れですから前述のツボ以外にも任脈、督脈、「丹田」「百会」等には常に刺激を与え、腎経の「承山」「腎兪」などにも根気強く当てましたが、とりわけ患部への多壮は奏効しました。

また漢方薬は上海中医薬大学から取り寄せた「仙茅(せんぽう)」という腎に良いものに西洋人参を合わせたものを飲んでもらいました。
食養生としても腎に良い黒豆、エンドウ豆、大豆、梅干し、ゴボウ、レンコン、ホウレンソウ、シイタケ、ギンナン等を摂ってもらい、体を冷やす甘いものやコーヒー、果物、牛乳、玉子、魚介類、白砂糖、バター、チーズ等は止めてもらいました。
塩は自然塩。主食は玄米にヒエ、アワ、キビ、ムギ、アズキの五穀を入れて食べてもらいました。
これら全てを徹底した食生活を続けることで、3〜5ヶ月でステージ気砲覆蝓■献月で腫瘍マーカーは正常値に戻りました。1年半経った現在も健康な人と全く変わらない数値を維持しておられます。

これらの施療と並行して行なったのがレインボールームでの光療法です。とりわけガンの方は精神的に参ってしまうことがあり、この療法が有効です。
この男性の場合は、初めは痛みがあったので赤と青に入ってもらいました。腎には赤、痛みには青です。腎は少し冷え性気味になるので赤で温めてから、青で痛みを取る形です。
赤に7分、青に7分。不安なときは赤7分、緑7分という形をとりました。

さらに症状が落ちついた段階から食養生の一つとして体質改善を図る意味でビワの種を勧めました。

子宮頸ガンが退縮

子宮頸ガンで全摘手術が予定されていた女性(45)は、母親が全摘したことから定期検査をしていましたが、腫瘍が見つかった時はすでにステージ検銑垢如担当医からは全摘手術を強く勧められていました。

手術する、しないでもめていましたが、前述の前立腺ガンの男性同様、ビワ温灸をメーンに漢方薬や食養生、レインボー療法などを徹底して行ないました。
やはりO−リングテストを用いて患部を見つけ出し、脾のツボに黄色のテープを4点貼りして周りを十字に切り、兪穴等に入念にビワ温灸を施しました。
耳の後ろの「耳孔穴」、「中脘」「左期門」「帯脈」等を取穴しました。

担当医は「もし腫瘍が取り切れなかったら大変なことになる」と全摘にこだわり、もう1回検査してほしいと言われたそうです。
その間の1ヶ月、この方もビワ温灸器を購入されて自宅での施療を含めてとにかく冷やす間を与えないほどにビワ温灸を行ない、活性化を図りました。
病院側が準備を進めていたこともあり、結局手術はしましたが、ご主人の話によると腫瘍はもはや消え掛かっているところを切除した格好だったそうです。

現在3年が経過しましたが、とても元気で「つい最近の検査でも何もなかったですよ」と話しておられました。

大腸の閉塞を解く

また、大腸の腹膜にガンができた女性(50歳前後)は腸が挟まって腸閉塞のような状態になって、「切るしかない」と言われていましたが、1回のビワ温灸で硬さがほぐれて腸が戻るということがありました。
もちろんこの方も、ビワ温灸や漢方薬とともに食養生に努めておられます。

ビワ温灸は本当に素晴らしい重宝です。ぜひ参考にしてください。

なかむら整骨院 (ご紹介はこちらです)
栃木県下都賀郡壬生町安塚733−1
TEL:0282−86−0553
(http://www.three-hg.com/)

◎「なかむら整骨院」に関する体験談
『ビワと健康』  2005年11月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 体験談 > 前立腺ガンを完全に克服
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入