なかむら整骨院

栃木県下都賀郡壬生町安塚733−1 TEL:0282−86−0553


新生整体と経路整体−−。

色を使った気功術「レインボー医学」と痛みの少ない整体術「JRC=関節可動回復矯正法」を用いて、患者が抱える様々な痛みに対して常に優しい治療を志す『なかむら整骨院』。

祖父の代から治療家という中村吾郎院長は、患者の立場で治療をとらえ研鑽に余念がない。その中村院長が絶賛し、施術の柱の一つとして用いて実績を上げているのが枇杷灸だ。
話を聞いた。
  • 治療家を志したきっかけは?
    祖父、父とも接骨師だったことでむしろ自分は別の道を歩むつもりでしたが、あざ歩んでみると西洋医学では及ばない歴史を背負って流れる奥深さがあり、古来より日本人に根付いた療法であることを知りました。
    伝承医学こそこれからの時代に残していかなければならないもの、という使命感にかられこの道を選択しました。

  • 主な治療法は?
    レインボー療法、JRC療法、AKA療法・構造医学的矯正、青龍整体・PNF療法、枇杷灸療法などです。

  • 治療法の概要を教えて下さい。
    レインボー療法は、色と光を使った気の治療法です。JRC療法は、関節可動回復矯正法といって関節内包の骨を僅か数mm運動させることで痛みを取る治療法で、AKA療法と構造医学的矯正をミックスして新たに開発した画期的な関節矯正法です。
    創始者の田代富夫先生と私とで共同開発し全国的に普及しつつありますが、無痛でポキポキさせない優しい矯正法ながら非常に有効であるため好評です。青龍整体・PNF療法は筋肉矯正で、顎関節や野球肩などのコンディショニング等に用います。
    枇杷灸療法は、枇杷のエキスを染み込ませる温熱療法で、免疫力を高める働きがあります。

  • 改善例を紹介して下さい。
    急性間質腎炎の男性(30代)は、体がむくんでムーンフェイスになり、ステロイド薬の副作用からうつ症状になっていましたが、3回の枇杷灸でむくみが取れ、うつ症状もレインボー療法で改善しました。
    アルツハイマー病の70代の女性も、うつや痴呆に伴う諸症状で困っていましたが、枇杷灸とレインボー療法で改善しました。
    そのほか背中や腰に現れる痛みには枇杷灸ほど効くものはないと思います。子宮筋腫や卵巣嚢腫、潰瘍性大腸炎など、とりわけ内臓系が起因する重い痛みには威力を発揮します。パーキンソンやガンの痛みにもよく効きますね。

  • 往診もされるそうですね。
    骨折やガンなどで、動くことに支障がある特別なケースで応じています。
    ほかにも不明な痛みがある場合は、付設診療所にて他病院の医師による検診システムを設けています。

  • 信条を一言。
    患者様のいろいろな痛みに対して優しい治療を志し、かつ速やかに痛みを取り除くことでお役に立ちたいということです。

●「なかむら整骨院」のホームページはこちらです。

◎「なかむら整骨院」に関する体験談
『ビワと健康』  2004年5月15日号)

※「ビワ療法」についてもっと知りたい方は「ビワの葉療法」の総合情報サイトをご覧下さい。

「ビワの葉療法」の総合情報サイト
『ビワと健康』 > 治療院を訪ねて > なかむら整骨院
※当会ではビワ商品の販売はしておりません。商品のご購入は下記販売会社でどうぞ。

ビワ商品の販売と購入